【2019年度】認定理学療法士試験で不具合があった人は再試験へ!合格者はどうなる?




2019年度、認定理学療法士の試験が2020年5月10日にインターネット上で開催されました。

【2019年度】認定理学療法士の振り替え試験は2020年5月10日に実施予定
2019年度に延期になった認定理学療法士試験ですが、2020年5月10日に再開されます。その概要をお伝えします。

 

しかし、日本理学療法士協会の用意したサーバーが開始直後からダウンするなど、受験者はかなり混乱したみたいですね。

 


その時のお詫びがこちら

この文面にある

『ログイン不能、ログイン後も受験時間を確保できなかった等、ほんとぃの環境で受験ができなかった受講者の皆様への対応は数日中にご案内させていただきます。』

の対応が発表されたのでご報告します。

 

2019年度:認定理学療法士試験のトラブルの対応

  1. 5月末  再試験日程確定
    →全受験者に対して報告されます
  2. 6月中旬 合格通知
    →トラブルがあった方も点数が取れていれば合格です
  3. 6月下旬 再試験者に連絡
    →トラブルがあり、かつ不合格であった方が対象です
  4. 7月   再試験
    →webか、講習会場で実施するかは未定です
  5. 9月   再試験を踏まえた総合判断
    →再試験で合格していればOK

 

このトラブルにより、再試験と言う前代未聞の事態になりました。

 

なぜ認定試験を中止にしなかったのか?

なぜ全員合格でなく追試にしたのか?

 

理学療法士協会の認識の甘さ、そしてネット環境の脆弱性が明らかになりましたね。

そもそも通常時ですらマイページは開くの遅いし、目的とするページにたどり着きにくいし…。

 

日本理学療法士協会は認定理学療法士試験を実行したいワケ

様々な憶測が流れていますが、PT協会がこうまでして認定理学療法士試験を実施したい理由があります。

 

  1. 退会者をだしたくない
  2. 認定PTの資格取得者を増やしたい
  3. 認定PTを認知させたい

 

1.退会者をだしたくない、というのはPT協会の不手際により認定PT試験が受けられなかったとなると、愛想をつかす会員が退会手続きを進めてしまうのを恐れているから。

PT協会の収入の基本は会員費ですからね。

 

入会する?しない?入会10年目のPTが解説!理学療法士協会に毎年2万円払って入るメリットとデメリットとは?
理学療法士協会って入る必要あるの?毎年2万円も払うのって正直イヤなんだけど…。【この記事で分かること】・理学療法士協会に入るとどんなメリットがあるの?・理学療法士協会に入らないと、どんなデメリットがあるの?・実際に理学療法士協会って入会したほうがいいの?

 

2.認定PTの資格取得者を増やしたい、というのは数年前までは資格取得者が5,000人以下だったのに対し、最近は受験者が3,000人を超えるほど人気になってきているのが影響しています。

認定PTを持っている人は協会を退会しませんからね。

 

3.認定PTを認知させたい、というのは認定看護師などのようにより専門性をアピールしたいんだと思います。

認定試験を実施し、資格取得者が増えることで医師会や看護協会のアピールしているのかも。

 

2019年度の認定理学療法士試験再試について

本来であれば全員再試です。

それが一番公平ですが、必ずブーイングの嵐が起きます。

 

となると、合格者はそのまま合格とし、不合格者に再試させるというのが一番不満が出ない方法ですよね。

ただし、すでに資格を持っている理学療法士からは不満が出そうですが。

 

次もwebで開始するのであればサーバーの強化は必須です。

受験者数が減るから強化しなくても大丈夫だろう…。と考えていないと良いですね。

 

筆記にするのであれば、当然問題内容を変化させる必要があります。

受講した出題範囲を超えず、内容を全て一新するべきです。

 

そうでもしないと、認定理学療法士の質の向上なんて望めませんからね。

日本理学療法士協会が認定理学療法士に何を求めているのか、次の対応で分かるような気がします。

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
【試験・実習】 認定資格
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活