理学療法士は将来性がない?夢や目標はあるけど給料は安いし不安である




理学療法士の人数は現在16万人を超えています。

患者に拒否されず、社会に選ばれる療法士になるため『人柄』を大事に!
患者に拒否される。周りの人に劣等感を覚える。そんなあなたは、何か自信のあるスキルを身に付けるといいです。その基本的なものが「人柄」です。

 

ある人は「理学療法士が増えすぎたから将来は仕事がなくなる」といい、またある人は「医療業界で英額療法士の役割は減るから将来性はない」と言います。

 

本当に理学療法士に将来性がないのか?と言われるとYESとしか言えません。

といはいえ、理学療法士が絶滅するという話ではなくて、これから高い水準に伸びていかないのではないか?というイメージです。

 

これから理学療法士になる人も、いま理学療法士として働いてる人もみんな不安だよねー。

というリアルな話をしていきます。

 

国家資格だし病院勤務だから大丈夫っしょ!という能天気な理学療法士に届けばいいんですけどね。

 

理学療法士は将来性がないと言われる大きな理由は「需要」

公益社団法人 日本理学療法士協会によると、理学療法士は2019年の時点で172,585人(合格累計)です。

全国でリハビリテーションを必要としている人数の統計は出てこなかったのですが、要介護者・要支援者の人数は全国で620万人という統計は【公益財団法人生命保険文化センター】で確認できました。

 

620万人すべてにリハビリが必要なわけではないですし、要介護・要支援以外にも医療保険れリハビリを行っている人もいるわけですから「理学療法士の需要がなくなる」とは言えない気もしますけど…

 

計算してみるとやっぱり多かった!

 

世界的に見た理学療法士の必要な人数と不足数

2019年現在、理学療法士が必要な人数は126,800人です。

で、今の理学療法士の人数は172,585人。

 

圧倒的に飽和状態ですね。

 

資料2 理学療法士・作業療法士の需給推計を踏まえた今後の方向性について- 厚生労働省】によると、人口10万人に対して理学療法士の数を50~100人程度にしていきたいと見て取れる内容が書かれています。

資料2 理学療法士・作業療法士の需給推計を踏まえた今後の方向性について- 厚生労働省

日本の人口は1憶2,680万人ですから、人口10万人あたり126,800人いれば十分なはず。

明らかに過剰供給。

 

 

アメリカとイギリスは人口10万人に対して50~100人なので、このレベルと狙っているのかもしれません。

医学の先進国であるドイツでは人口10万人に対して150~200人ですけど、このままいくと2040年には人口10万人当たり278人が理学療法士というドイツ人もひっくり返るほどの割合になってきます。


資料2 理学療法士・作業療法士の需給推計を踏まえた今後の方向性について- 厚生労働省

明らかにキャパオーバー。

 

理学療法士の将来が不安になる理由(年収)

理学療法士は金銭的な問題を長年抱えており、一般的なサラリーマンに比べて年主が低いというのは「理学療法士の年収の平均は407万円!転職とキャリアアップで年収500万円~1000万円を狙えることが判明!>>>」で紹介しています。

 

理学療法士はあまり稼げないんですよね。

当然、働く人の数が増えてきたら収入が減るのは目に見えています。

 

理学療法士は激務になる

高齢者の介護は非常に激務です。

そして、その業務のほとんどが『みんながやりたくない』と思う仕事。

 

  • トイレの世話
  • 食事の世話
  • 入浴お世話

 

いろいろな介護が必要になります。

それも毎日何人も。

そんな仕事を、理学療法士が請け負うようになってくるはずです。

 

  • なぜなら、リハビリの仕事が無くなってくるから。
  • なぜなら、介護士の人数は圧倒的に足りないから。

 

今のようにリハビリさえしておけばOK!というようにはならないと思いますけどね。

 

と、こんな感じで理学療法士の将来性はお先真っ暗なんですよ。

このまま普通に何もせずのんびり過ごしているような理学療法士は生き残っていけないので、何か別のスキルを磨いていかなきゃいけないんですよ。

 

副業でもいいし、新し資格でもいいし、Youtubeでもいいでしょう。

理学療法士の仕事だけでは食っていけなくなることは間違いないと思います。

 

理学療法士は夢や目標を持てないのか?

将来性のない理学療法士は、夢や目標は持てないのでしょうか?

そんなことはありません、まだまだ生きる術は残っています。

 

夢や目標が何なのかによりますが、より具体的な目標を立てる事ができれば、それを目指して突っ走るだけです。

 

例えば私の今の夢と目標は2つずつあります。

 

  • 老後は海沿いの有料老人ホームでのんびり過ごす
  • 定年までに3,000万円貯める
  • 家と土地を娘にあげる
目標
  • 50歳までに現場を退き、指導者に回る
  • 理学療法士以外の収入の柱を作る

 

と、こんな感じ。

より具体的な夢と目標があれば、それに向かって今何をしなければならないのかが見えてきます。

何もしないのが一番悪いですよ。

 

具体的には「副業」と「投資」です。

 

まとめ:理学療法士は将来が約束されていない!

いまは理学療法士は比較的優遇されていますが、これからは国がなんらかの対策をしていかなければ大変なことになりそうです。

 

これからは理学療法士や作業療法士などのコメディカルが介護職として割り当てられていくかもしれません。

すでに理学療法士の働く場所が病院でなく介護施設にシフトチェンジされていますもんね。

 

私たちが理学療法士として生き残っていくためには、理学療法士の資格のみにしがみついていてはいけないということ。

もっと自分の将来を明確にしていかないと時代に取り残されてしまうかもしれませんよ!

 

▽資格を取るのもおすすめ▽

理学療法士が取得しておきたい!専門性をスキルアップするおすすめの資格
理学療法士として働いていくうちに、更なる高みを目指したい!と考える人も多いと思います。ここでは、理学療法士が取得しておきたいおすすめの資格を紹介しています。専門性を高めていきましょう。

▽キャリアアップするのもおすすめ▽

理学療法士だって出世したい!待たずに動いて出世・キャリアアップする方法とは?
出世したい!とかんがえる理学療法士のための出世するための方法をまとめました。みんな出世しよう!

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
PTの働き方【仕事の悩み】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活