朝だるくて日中ふらふらする…血圧を上げたい人に簡単な方法と生活改善




  • 毎朝起きるのがキツイ
  • 起きてもフラフラ、ボーッとしてしまう…。

 

そんなことって誰にでもあるはず。

でもその原因を「私は朝が弱いから…」とか理由をつけてほったらかしていませんか?

 

実は朝が弱いのは、血圧が低いせいかもしれません。

「低血圧は朝が弱い」というのはよく聞くと思いますが、自分が低血圧ということに気づかずに生活している人って結構いるんです。

 

低血圧の基準
  • 高い方の血圧100以下
  • 低い方の血圧60以下

 

このように定義されています。

それ以外に自覚症状として

  • 体のだるさ
  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 吐き気

などがあれば、血圧が低いのかもしれません。

 

ここでは、そんな低血圧を比較的簡単に改善する方法をお伝えしていきます。

高血圧よりも実は怖い低血圧に悩んでいる方でも、そうでない方も必見の内容になっています!

 

ふらふらを軽減!血圧を上げる簡単な方法!

血圧を上げる方法
  • 3食食べる!
  • 水分を1L取る!
  • 1000歩歩く!
  • 6時間寝る!

この4つを守っていれば低血圧は改善すると言われています。

 

3食食べることで血圧上昇!

まずは3食しっかり食べる事を意識してください。

実際、3食食べれば血圧が上がるのでなく、正常値に戻ると言ったほうが正しいですね。

 

血圧は血液の問題であり、血液は食物の栄養から生成されます。

主な栄養素は「鉄」であり、主に食料から摂取します。

 

血圧が低い人は、1日2食しか食べない(朝は体調が悪くて食べられない)ことや、過度なダイエットなどで栄養不足になっていることも。

とりあえずなんでもいいので3食ご飯を食べる習慣をつけることで、十分な栄養を取れるようにしましょう。

 

低血圧に効く食べ物
  • カツオ
  • 牛ロース
  • はまぐり
低血圧に効きそうな料理
  • 回転ずし(赤い刺身)
  • 焼肉
  • ボンゴレ

 

【おすすめサプリ】

鉄はお茶やコーヒーを飲むと吸収が阻害されるのですが、DHCは吸収が阻害されにくいヘム鉄を中心にビタミンB12、葉酸をプラス。
女性に不足しがちな鉄分を効率よく補えるサプリメントとなっているのでおすすめです!

 

水分を1L取る!

血液の主成分は鉄分ですが、基本は水分です。

血圧の低い人は水分摂取量が少なく、血液を生成できていない場合が非常に多い!

 

運動後低血圧に対する水分摂取の効果】という論文でも水分摂取したほうが血圧が上昇するという結果が出ています。

体がだるい、ふらふらするとう人は、とりあえず1日1リットル以上の水分摂取を心がけましょう。

お茶やコーヒーに含まれるタンニンは鉄分吸収を阻害するので、水・スポーツドリンク・炭酸水などがおすすめです。

 

1000歩歩く!

血圧が低い人はふらふらするので、あまり運動をしたがりません。

運動をしないから血液循環がうまくいかず、脳に血液が回らないで貧血症状や頭がボーッとするような感じになるんです。

 

で、どれくらい歩けば低血圧に効果があるか?という文献は発見できませんでした(高血圧に対する文献はたくさんある)ので、あくまで予想の範疇ですが、最低1000歩くらい歩けばいいのではなかろうか?

 

厚生労働省では

「最近10年間の歩数の増加傾向を考慮して、当面10年間の目標として、男女とも歩数の1,000歩増加を目指す。(中略)1,000歩は約10分の歩行で得られる歩数であり、距離としては600から700mに相当する。」

としています。

厚生労働省が1000歩追加すればいいよ!って言ってるから、それにならって1000歩追加して歩けば良いのではないでしょうか。

 

6時間寝る!

朝が弱いのは、睡眠時間が十分とれていないからと言えます。

睡眠時間は年齢によって適切な時間が様々で、どれくらい寝ればいいのかを断言するのは難しいです。

 

8時間寝るのが良い!と言われていますが、それだけ眠れるのは20歳代までで、それ以降は徐々に睡眠時間は短くなり60歳代では6時間程度になると言われています。

ということから、最低でも6時間以上は睡眠はとったほうが良いですね。

 

23時には部屋を暗くし、眼を瞑るのが理想です。

 

こんな症状が出たら血圧が低いかも?と疑うチェックポイント!

低血圧チェックポイント
  • 朝なかなか起きられない
  • 体がだるい
  • 座る→立つの動作で立ち眩み
  • 頭痛が出やすい
  • 肩こりが出やすくなった
  • 耳鳴りがする
  • 吐き気がする

 

このような症状に毎日のように悩まされていたら医療機関の受診をおすすめします。

 

 

生活習慣から血圧の低下を疑える

飲酒血圧を下げる効果がありますので、飲酒習慣のあるかたは注意!

 

また、血圧は朝に下がり、正午に向かって徐々に上がります。

夜更かしをすると明け方に下がるべき血圧が起きる時間にずれ込むので、かなり朝起きるのがつらくなってしまいますので注意が必要です。

 

まとめ:朝のだるさは血圧が原因かも?

血圧の低下により朝のだるさ、起きにくさを体感します。

また、耳鳴りや頭痛、吐き気などもつずくようでしたら血圧の低下を疑ってください。

 

低血圧は高血圧に比べ軽く見られがちですが、急に意識を失って倒れたり、その拍子で頭をぶつけて要らぬ怪我をしたりと問題も多いです。

女性も、月経などで貧血・低血圧になりやすいので鉄分の補給は重要になります。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

その他、起立性調整障害という病気もあります。
体験談をぜひ読んでみてください。

朝起きれないのが悩み…怠けてるわけじゃないけどシャキッとできない原因と対策
朝起きれないのは低血圧や怠けものとは違う病気かもしれません。実際にそんな病気にかかった話をしていきたいと思います。

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
PTの働き方【仕事の悩み】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活