有休を取ったのに手当も出ない休日出勤をしてしまった話




私は残業は嫌だし、手当のない休日出勤も嫌なのですが、たまには失敗して休日出勤してしまうこともあります。

今回は「ケースカンファレンスの日に有給を取っていた」のですが、病院から呼び出されて泣く泣く出社した(もちろん無給)という話をしていきます。

 

こうした休日出勤は多くの職場でも存在している様子。


まぁ仕方ない場合もあるけど、基本的に休日の日は呼び出さないでほしいですよね。

急な人員不足でも、ある程度余裕をもって人員配置してほしいですよね。

 

有給なのに休日出勤してしまった!くやしい!

私を呼び出した気持ちは分かります。

今日のカンファレンスの担当患者は私が担当しています。

 

しかも今日の有給は昨日急遽取った休み(カンファレンスがあることはすっかり忘れていた)であり、しかも一緒に担当するOTも休み。

リハビリ担当不在という状況を打破したいのはすごくよく分かる。

 

実際、私も申し訳ないことをしたと思いましたし、だから出向いたのですが。

 

だがしかし!

休んでるスタッフを呼び出すのはいかがなものかと思うんですよね。

 

うちのスタッフには所属長もいますし、リーダーも居ます。

私が休みの時にフォローで介入しているスタッフも大勢います。

 

そんな中で、本当に担当PT(私)が必要か?

 

いや、必要なのは分かる。

カンファレンスだからかなり深い話をしなきゃいけないし。

 

でも病棟看護師は担当じゃなかったじゃん!

カンファレンス用紙を書いた人と別の人が来たじゃん!

 

病棟は部屋もちといって担当する部屋が毎日変わるから、いろいろな患者の情報を持っているのも知っている。

でも病棟ができてなんでリハが出来ないんだろう。

 

 

休日出勤の手当と有給休暇の休日出勤

休日出勤の手当は以下の通りです。

  • 代休がある場合:手当なし
  • 代休が無い場合:時給換算で1.25倍の割り増し
  • 有給の日に出勤した場合:週の労働時間による

 

実は有休を取った時に出勤しても割り増しは無いんですよね。

 

もっと厳密にいうと、1週間で実労働時間が40時間を超えた分が「1.25倍」の割り増し計算になるんです。

週休2日制で8時間労働の場合は週40時間労働。

 

そこで有休を使うと、週休2日+有給なので週4勤務、32時間労働になります。

なので、いくら休日出勤をしても40時間を超えないので割り増しにはならないんです。


でも本来であれば、有給は半休扱いにするなどの措置が取られるはずですが…。

 

休日に呼び出すのが果たして正しいのか?

今回の休日出勤は、実際に誰が悪いか?というと私が悪いです。

カンファレンスを忘れて有給を入れてしまったのだから。

これは猛省。

 

しかし、そんな状況で休んでいるスタッフに連絡をしてくるというのが解せない。

先ほども申しましたが、自分以外にもその患者に介入しているスタッフは居るし、カルテも書いてある。

 

病院側でなんとかできなかったのか?

という疑問も残ります。

 

今回は私は特に用のない有給だったけど、これが用のある有給だったらどうしていたのか。

もしも風邪などの突発休だったら?

無理やり来させるんですかね。

 

もうちょいやりようがあったでしょう。

 

実際に私が悪いので仕方ないのですが

・担当者がいない

・担当者に連絡しよう

はあまりにも短絡的すぎやしないですかねぇ。

・担当者がいない

・誰か代わりに出れる人を探そう

が普通だと思うのだが。

違うのかな。

 

それでも見つからなければ、担当者に電話をかけてくればいいと思います。

 

実際は休日に出勤して良かった

休日出勤は嫌でしたが、実際に行って見ると別になんてことはない。

時間が2時間潰れたのは痛いけど、むしろ他の人に迷惑をかけなくてよかったよ(ちょっとかけたけど)

NO残業はあくまで自分の為だけではなく、相手あってのもの。

私が休むことで、他のスタッフがサービス残業を強いられるようではまったく意味をなしませんからね。

 

そういう意味では、行って良かったと思う。

実際、自分のミスなのであたりまえですが、これが全く関係のない事案で呼び出されるようでは、たまったもんではないですね。

 

まとめ:自分のミスは自分で処理しよう

なんだかんだで休みがつぶれた上に病院に出向かされたのでかなり不満でしたが、実際に私のせいで誰かに迷惑がかからなくてよかったな、というのが今の感想です。

休日サービス出勤は本当に嫌ですが、誰かに迷惑をかけるのはもっと嫌ですよね。

実際、今日の出勤を断っていたら、明日の朝、出勤するまで悶々とした時間を過ごす事になったでしょう。

 

【教訓】
自由に休めるのは、自分の仕事をきっちり実施した者のみである

 

とはいえ、今日病院で仕事をしてしまったので結局6連勤になってしまった。

トホホ

 

休日出勤が横行する職場は転職を考えてみては?

今回、私は休日出勤をしましたが、そう何度もあるわけではありません。

しかし、休日出勤や残業がしょっちゅうある職場もあるようですね。

 

  • 仕事が忙しいから
  • スタッフが足りないから

 

そんな理由で休日出勤や残業を強要してくる職場は注意してください。

本来、仕事は残業をせず業務時間内で終わらせることを目的とすべきなので、残業が常用化している職場は時代遅れですし、従業員の事を考えていないです。

 

もしもそんな職場に勤めているようでしたら、残業や休日出勤の無い職場に転職することをおすすめします。

休日出勤している時間を、家族との時間や趣味の時間に当てたほうがよっぽど良いです。

 

でもどんな職場がいいか分からない…とお困りの方は、転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトに登録すると、あなたの希望に合った職場をピックアップしてくれるので効率よく転職活動をすることが出来ます。

しかも転職のプロのアドバイス付きなので、失敗する確率もかなり低いんです。

 

今の職場が合わないな…と思っている人は気軽に相談してみてください。

当サイトでお勧めしているのはPTOT人材バンク です。

実際に私も使いましたが、親切丁寧で求人数もかなりあるのでかなり有利に転職活動を進めることが出来ました。

 

マイナビコメディカルも転職エージェントの質が高いのでおすすめですよ!

 

このブログは実際に私が使った転職サイトを紹介しており、その中でもPTOT人材バンク が親切・丁寧でおすすめです。

満足度も高いですし、案件も豊富なのでたくさんの情報を得ることができます。

 

マイナビコメディカルも職場定着率が高くおすすめです。

 

「理学療法士の転職」一覧>>>

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
PTの残業 【仕事の悩み】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活