理学療法士の転職は30代までが大幅に給料増加するチャンスだった!




理学療法士の転職は30歳代までに済ませておきましょう。

40歳代になるとちょっとキツイです。

 

もしもあなたが転職を考えており、年齢が30歳代であれば給料を大幅に増加するのはこの転職がほぼラストチャンス!

20歳代とちがって、今後、40歳、50歳となったときに給料の面で不満を感じ転職をしようとしても、うまくいかないことが多いことが多いんです。

もう一度言います。

 

30歳代は年収を上げる最後のチャンスです!

 

年収もグッと上げることのできる時期ですので、慎重に転職活動をしていきましょう。

 

30歳代理学療法士の転職率・離職率

理学療法士の離職率は約20%と言われています。

そのほぼ全てが転職します。

転職者の内、80%以上は20歳代の理学療法士で10%程度が30歳代の転職とのデータも。

 

30歳代で転職する人は、全体のおよそ10%と低めの数字になっているのはちょっと驚きですね。

 

理学療法士の平均年収と一般的な30代の平均年収

年収は高ければ高いほどいいです。

もちろん、給料が高いと激務であったり、責任が重かったりしますので、ただ単に収入だけを追い求めてもいけません。

年収600万円で朝7時から夜21時まで帰れない仕事に興味ありますか?

僕はありません。

 

たくさん働いてお金を稼ぎたい!という人はいいかもしれませんが、すでに30歳代となっている我々にとって、それは選べませんね。

かといって年収が低すぎるのもどうかと思うので、理学療法士の平均年収以上を確保できればいいと思います。

 

理学療法士の平均年収

理学療法士の平均年収は407万円といわれています。
【参考│厚生労働省「平成28年 賃金構造基本統計調査」

男女合計の値ですので、男性のみ、女性のみで考えるともう少し差が出るかもしれません。

 

理学療法士の平均年収は407万円であり、平均月収は250,000円。

さて、あなたの年収(月収)はいくらですか?

 

去年の源泉徴収表を見てもいいですし、『毎月の総支給額×12』+『賞与』で計算してもざっくりとした年収が出てきます。

平均値を越えているでしょうか?

 

一般的な30代の年収

一般的な企業に勤めている30代の年収は、およそ455万円だそうです。
【出展|DUDA

もちろん、証券会社や銀行などの一流企業の年収も入ってますので一概には言えませんが、30歳代の平均年収は455万円だということを認識してください。

さて、再度質問です。

 

あなたの年収はいくらですか?

理学療法士の平均409万円より上ですか?

30歳代の平均455万円より上ですか?

 

もしもあなたが30歳の理学療法士だとしたら、一般的なサラリーマンの平均455万円は越えておきたいですよね。

ぼくは越えています。

 

▽年収450万円以上の求人を探す▽
PTOT人材バンク

 

30歳代理学療法士が目指す年収は450万円~500万円

理学療法士の平均年収の407万円はあくまで平均です。

30歳代の理学療法士が目指すのは450万円、または500万円としたほうがいいです。

あなたが38歳、39歳になった時に、年収407万円の働きやすい職場に魅力を感じるでしょうか?

感じませんよね。

 

なぜここまで年収にこだわるのかというと、30歳代での転職が『年収を上げる最後のチャンス』だからです。

転職はをすることで年収400万円から一気に450万円、または500万円と伸ばすことができます。

年収を50万円上げるためには、昇給が5,000上がる職場に10年勤続してようやく上がる数字。

 

それを1回の転職で叶えてしまうのですから、転職のすごさをわかって頂けるかと思います。

 

40歳代の転職の実情

40歳代の転職率は10%以下で、転職成功例もあまり聞きません。

もちろん、転職は可能ですが給料が大幅に上がったり、数社に内定を貰うというようなことは起こりえません。

 

病院側も若い人材は欲しいけど中堅以降の人材は不要です。

40歳になってから転職しようとしても、求人数はガクッと減りますし、大幅な収入アップは見込めないと考えてください。

需要がないですから。

 

だからこそ、まだ若くて体力があり、需要のある30歳代のうちにドーンと収入アップを目指したほうがいいと考えています。

 

30歳代で転職する最大のメリット「経験」

30歳代には20歳代にないものがあります。

それが『経験』です。

経験年数で年収は変わる病院もありますので、その強みを存分に発揮しましょう。

 

僕は年収450万円をこえていますが、もう少し収入があればいいのにな…と考えることも多いです。

皆さんも、転職した当初は407万円の年収で満足するかもしれません。

しかし、それが数年続き、年齢を重ねると必ず不満が出てきます。

今度は『人間関係の不満』でなく、『収入の不満』です。

 

だから目指しましょう。

500万円を!

 

30歳代の求人多数!年収に特化した転職サイト

PTOT人材バンク には年収500万円に近い求人がたくさんあります。

もちろん年間休日も多い求人や、働きやすい職場もたくさん!

 

PTOT人材バンク はには転職エージェントと呼ばれる転職のスペシャリストが在籍し、転職の相談から、履歴書の書き方、面接の対策に至るまでフォローアップしてくれるので非常に頼りになります。

相談の方法は簡単で、あなたの希望する内容をどんどん伝えればいいだけ

 

  • 年収500万円
  • 車通勤可能
  • 回復期病院が希望
  • 残業なし
  • 雰囲気の良い職場

 

などの希望を伝えるとエージェントは、それに合った職場探しをしてくれます。

転職サイトで相談をして、働きやすい職場と高い年収をGETしてみましょう。

 

30歳代の転職は、それが許されます。

めざせ500万円!

▽無料登録はこちら▽
PTOT人材バンク

 

30歳代の理学療法士におすすめの転職サイトまとめはこちら▽

【おすすめ】理学療法士が3回の転職で使った5社の転職サイトとエージェント
2回の転職で7社の転職サイトを利用した理学療法士の私が、実際に使ってよかった!と思える転職サイトを5つ紹介します。纏足を考えているPTはぜひ参考にしてみてください。

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【PTの転職】転職のコツ
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活