【生活苦】産休手当や育休手当を貰いながらバイトや副業で稼いでもいいの?




産休や育休を取っていても、給付金としてお金が貰えますが、その少なさに慌てる人も多いようです。

産休や育休中に支払われるお金を「出産手当金」「育児休業給付金」と言いますが、その支払金額は貰っていた給与の50~66%程度。

 

産前産後も安定して給付金がもらえるので非常に助かる制度ですが、その金額は働いていた時より少ないですし、当然賞与もありません。

給付金については長くなるので、こちらをご参照ください(マイナビニュースに飛びます)

 

でも、もしも体力的に余裕があるのであれば「パート」や「副業」としてもう少し収入を増やすことができる事をご存知でしょうか?

力仕事のみならず、在宅ワークなどでスキマ時間にちょっと稼げば、家計の足しになること請け合い!

 

ここでは、「出産手当金」「育児休業給付金」をもらっていてもパートや在宅ワークで稼いでしまう方法と、どの程度まで稼いでいいのか?という話をしていきます。

 

キム兄
キム兄

でもあんまり無理しないようにね。
母体が一番大事だからね

 

 

産休手当や育休手当で貰える金額は?

産休や育休の手当ては、給料の50~67%と言われています。

 

  • 出産手当金(日額):【支給開始日以前12カ月間の各標準報酬月額を平均した額】÷30(日)×2/3
  • 育児休業給付金(月額):【休業開始時賃金日額】×支給日数の67%(育児休業の開始から6カ月経過後は50%、支給金額は上限・下限ともにあり)

【出典|マイナビニュース

 

毎月20万円のお給料を貰っていたとしたら、出産手当金として4,400円/日(31日ある月なら136,400円、28日の月は123,200円)支給されます。

育児休業給付金は134,000円/月(6か月以降は10万円)の給付金が受け取れるということになります。

 

わかりやすく表にしてみました。

月収20万円の場合
出産手当金育児休業給付金
4,400円/日
産休で休んだ日数分受け取れる(最大98日)
134,000円/月(7か月目からは10万円)
毎月同額が支払われる(最大2年間)
いつもらえるのか?
申請後1~2か月後に一括振り込み申請して3か月後に2か月に1度支給
申請のタイミング
産後8週間経過した後に申請育休に入ってから10日以内に申請

 

申請のタイミングを逃さないように注意!
詳しくはこちらの記事が分かりやすいです。(転職HACSに飛びます)

 

給付金のみでは生活が厳しいと感じているあなたに朗報!

いくら給付金が出るとはいえ、今までの給料が半分くらいになる上に賞与も出ないので生活が困窮すること間違いないです。

産休中に仕事をしようとする人は少ないでしょうが、育休中ならなんと少し働けそうだ、と考える人も多いのではないでしょうか。

 

  • 親に半日預けて働けそう
  • 託児所のある職場に勤めている
  • 育児の手が自分以外にある
  • 夜に仕事に出かけられそう

 

など考えられることはあると思います。

でも育児休業給付金を貰ってるのに働いてもいいのかな…?と疑問に思うかもしれませんが、実は育休中でも会社から給料が8割未満であれば、給付金を受け取ってもいいんです!

 

詳しく説明していきますね。

 

キム兄
キム兄

ちなみに産休中も働けるけどおすすめはしていません。
出産手当金についても説明しています。

 

 

育休手当を受け取りながらパートで稼ぐ方法

育児休業給付金を受け取るには、「収入が元の給与の80%以下」でなければなりません。

パートだろうが副業だろうが、収入が80%(20万円であれば16万円)を越えなければ、副業してもOKです。

ただし、注意点があるのでしっかりとこの先を読んでくださいね!

 

「収入」には育児休業給付金も入ります

育児休業給付金を受給しながら副業するには「収入が元の給与の80%以下」と言いましたが、この80%には育児休業給付金の金額も入ることに注意してください。

つまり、前月収が20万円だった場合、給付金は134,000円です。

ということは、副業で稼げる金額はあと26,000円ということになります。

 

給付額(%)副業可能額(%)月収20万円の場合
6か月まで67%13%26,000円まで
それ以降50%30%60,000円まで

 

ちなみに、この額を超えると給付額が減らされてしまいます。
例えば40,000円稼いでしまうと、給付額が134,000円から120,000円となり、合計は16万円です。

いわゆる損をする形になってしまうので注意してください。

 

このように稼げる額は少しに見えるかもしれませんが、毎月2~6万円も収入が増えるのはとても嬉しいことだと思います。

体調が良くて、子供の面倒を誰かが見てくれる環境であれば、副業をすることをおすすめします!

 

産休中に出産手当金を貰いながらパートや副業は出来るのか?

はいできます。

しかし、おすすめはしません。

出産手当金は健康保険から賄われています。
もしこの時期に副業などで収入があった場合、その収入の分だけ出産手当金から減らされてしまうんです。

 

現状、出産手当金を申請できる人が副業やパートをするメリットは全くありません。
この時期はしっかりと体を休めるべきでしょうね。

 

育休中でも働ける職場を探そう

育休中でも働ける職場というのは限られていると思います。
職場復帰しても、給付金の限度額以内のみ働かせてくれるというのは少ないはず。

ですので、会社が副業を禁止していないのであれば、普通にパートに出るというのも一つの手段です。

 

理学療法士であれば、パートの時給は約1,500円。
1日4時間の勤務を週1回すれば、24,000円となり、十分限度内で収まります。

 

パートに出れば、育児のストレス解消にもなりますし職場復帰する際の「自分のリハビリ」にもなるので非常におすすめ!
お時間があれば、ぜひパートを考えてみてください。

 

▽妊娠中や育休中のPTがパートをするメリットについて書いていますので、こちらも合わせてどうぞ!

週1からOK!育児中や妊娠中の理学療法士がパートで働くメリットとは?
育休中・妊娠中の理学療法士が非常勤で働くメリットは択さなります。短い時間の中でも十分な給料がもらえ、かつ体に負担のかかりにくい働き方として「パート」を視野に入れてみては?ここでは、そんな「ママPT」に向けてパートのメリットをお伝えしています。

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
PTの働き方【仕事の悩み】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活