仕事に行きたくない!それって『普通』?『病気』?うつ病になるまえに知っておきたいことまとめ




 

学生さん

仕事に行きたくないなぁ…、気力もない。
これって精神の病気かな?

 

【この記事で分かること】

  • 仕事に行きたくない!これって精神疾患なの?
  • 精神の病気なのか、普通のことなのかを線引きする

 

仕事に行きたくない

 

普通に働いていれば誰でも1度はそう思うことがありますよね。

しかし、うつ病や強迫観念などで仕事に行きたくないと思っている人もたくさんいます。

 

もしあなたが『仕事に行きたくない』と思っているのであれば、それが普通の事なのか精神疾患なのか識別していきましょう。

 

キム兄
キム兄

病的なものとそうでないものをしっかり見極めることで、手遅れにならないようにしていくことがこの記事の目的です。

 

【鬱病かな?と思ったら】

気持ちが沈む…それって鬱(うつ)病?『本物の鬱』の症状や特徴を的確に知ろう!
鬱病って実際にどんな症状が出るの?自分でも知らないうちに鬱病にかかっていたり、逆に鬱病だと思っていても実は違った、なんてこともあり得ます。今回は、鬱病で起こりやすい症状をいくつかまとめました

 

仕事に行きたくない!何回そう思ったら要注意なの?

まずは回数による違いです。

仕事に行きたくないと思う回数によって病気か、正常か?という明確な回数の線引きが書かれている文献等は見つけられませんでした。

 

キム兄
キム兄

もしあったら教えてください!

 

ですが、ここでは4回/月以上で病気の可能性がある!としていきたいと思います。

 

月に4回以上会社に行きたくなると要注意!その根拠

ここで注意して欲しいのが、あくまで『疑い』ということであって明確に病気である、というわけではありません。

ご了承ください。

 

なぜ4回以上仕事に行きたくないと思うと病気の可能性があるか?というと

・ブルーマンデー症候群

という症状が根拠になります。

 

【ブルーマンデー症候群とは?】
月曜日になると憂鬱になり仕事に行きたくなくなる症状の事

 

似たようなものに『サザエさん症候群』というのがありますね。

 

【サザエさん症候群とは?】
日曜の夕方のアニメ、サザエさんを見ることで休みが終わってしまう、月曜が来てしまうという思いから憂鬱になる

厳密には2つは違うのですが、似てるから一緒に考えてしまってOKです。

 

毎週月曜日に仕事に行きたくない、憂鬱だと感じるようになると、もしかしたら『ブルーマンデー症候群』や『サザエさん症候群』になっている恐れが。

そこから『抑うつ』『睡眠障害』『消化不良』などに発展していく恐れがあります。

ですので、月に4回(月曜日の回数)以上、仕事に行きたくないと考える場合は注意が必要。

 

月曜日の朝起きれない、日曜の夜眠れない場合も要注意!

  • 朝起きたいのに起きれない
  • 明日に備えて寝たいのに眠れない

 

そんな状況になると、なんらかの心のサインかも知れません。

通常であれば、多少行きたくなくても体は動くはずですが、意思に反して動けなくなるのはちょっと危険信号かもしれません。

 

 

突発的に休んだ!これって要注意なの?

仕事に行きたくなくて突発的に休んでしまった!

社会人として少々問題がありそうですが、病気かどうかを判断することはできません。

その休みの取り方で判断できます。

 

職場に連絡を入れてない場合は要注意!

突発的に休むとしても、職場に連絡を入れているのであれば問題ないと思います(たとえウソをついたとしても)

 

キム兄
キム兄

突発休はぼくもしたことありますが、けっこうドキドキするんですよね。

 

外で誰かに会わないかな?とか。

しかし、この突発休を職場に連絡せず休んでしまう場合は要注意です。

 

  • 職場に連絡する→周りの人の迷惑を考えられている
  • 職場に連絡しない→自分の事しか考えられていない

 

職場に連絡しないで休むということは、本当に何もかもどうでもよくなっている可能性が高いです。

精神的な疲労を疑い、注意しましょう。

 

 

通勤中に急に面倒くさくなるの要注意なの?

いざ家を出たにもかかわらず、途中で本当に嫌になるパターンです。

誰でもあるものと思われますが、これも正常だと思います。

 

いやになって本当にどこかに行ってしまったり無断欠勤するようではちょっと微妙ですけどね…。

 

通勤中に涙が出たり過呼吸になる場合は要注意!

通勤中になんらかの身体症状が出ていると要注意!

電車に飛び込みたくなるなどの自殺願望もでてくるとかなり追い詰められているものと考えられます。

こういった場合は仕事が嫌というより、人間関係が嫌という人に多い気がします。

部署の移動や転職などで改善する人もいるみたいですね。

 

人間関係でストレスがあるなら、こちらの記事がおすすめです。

人間関係に疲れたらまずは相談すべき!辞めるのはその後だ!
人間関係に疲れた…仕事したくない…。もう辞めるしかないのかな?【この記事を読んでほしいひと】・職場の人間関係に疲れているひと・選択肢が『辞める』しかないと思ってるひと・穏便に辞めたいひと

 

 

まとめ:仕事に行きたくないのは普通。でも普通じゃない物と区別をしよう

仕事は誰でも行きたくないと思う時があるので、それは問題ないです。

しかし、異常に行きたくないと思う時もあります。

そうなったときは、自分の心の声にしっかりと耳を傾けてみて下さい。

 

職場環境が悪い場合は、転職する事で改善する場合が多いです。

手遅れになる前に対処しましょう。

 

【仕事に行くのがストレスだ…を解消する】
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンクは転職サポート力が高く、問診もうまい!『仕事に行きたくない…』『毎日が憂鬱だ…。』そんな悩みや不満をお持ちなら、まずはご相談ください。スタッフが丁寧に話をくみ取り、あなたの悩みを解決に導きます。毎日明るく、笑って仕事をしてみませんか?



マイナビコメディカルは豊富な情報量で良質な求人をたくさん持っています。あなたの仕事の悩みを親身に聞いてくれ、あなたのキャリアや働き方に合ったアドバイスを丁寧にしてくれます。『どうせ私の要求なんて通らないんでしょ?』と、あきらめる前にまずは相談を!

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
PTの働き方 【仕事の悩み】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活