要らない教科書は邪魔だからPDFにして残しておく方法3つ【おすすめ!】




教科書は邪魔です。

 

臨床では使わない教科書も多いのではないでしょうか。

教科書はその名の通り、基礎的な事を学ぶものですから、もっと深い情報が必要な現場ではあまり使わないんですよね。

 

ですので使わない教科書は不要なので処分しましょう!ということになります。

が、処分と言っても捨てるのはもったいない!

 

だから医学書の専門店に買い取ってもらうのがおすすめです!

医学書を高く買い取ってくれる買取業者についてはこちらの記事で紹介しています。

【捨てる・売る】大学や専門書の保管場所に困ったから処分の方法を調べてみた
家の押し入れを圧迫する読んでもいない大学や専門学校の教科書や参考書。その処分の方法をお伝えします。教科書の捨て方はもちろん、なんと売れる事はご存知ですか?

 

でも愛着のある教科書を処分するのは気が引けるし、いつか使うかもしれないし…と思っている方は教科書をPDFにして電子書籍化させてしまうのはどうでしょう?

PDF化させればパソコンやスマホで閲覧できますし、電子書籍化させてしまえばkindleでいつでも読むことができます。

あんな重い教科書を持ち運ぶストレスもなくなるし、検索で目当ての項目を探せるしいいことづくめなんですよ!

 

教科書の内容をPDFにして本は処分しよう!

教科書って重たいんですよね。

1つの疾患に対して、必要な教科書は3冊、4冊と必要なことも多いのでとても持ち運びできません。

そんな時、PDF化させることで持ち運びは楽になります。

 

【PDF化】
本をスキャナーでスキャンし、パソコンやiPad、kindleにダウンロードすることでタブレットで本を読めるようになります。

 

 

【おすすめのデバイス】

iPad miniは高級感があり、薄くて持ち運びもラクラク。

画面も大きく、発色もいいのでPDFファイルも読みやすいのが特徴。

サクサク動くのでストレスもありません。

 

Kindle Fire HD8はコスパがいいのでおすすめ!

読書はもちろん、インターネット検索もできます。

動きはiPad miniにくらべるとちょっとゆっくりですが、十分な性能を誇ります。

 

教科書をPDFにする場合のメリット

  1. 本を探すことなくすぐに読める
  2. 探している内容をすぐに検索できる
  3. 沢山の本を持ち運びできる
  4. 暗い所でも読める
  5. 本が場所を全くとらない

 

教科書をPDFにする場合のデメリット

  1. 読むためのデバイスが必要
  2. バッテリーが切れたら読めない
  3. 本を読む以外の事で遊んでしまう可能性がある
  4. 本を裁断しなければならない

 

業者に裁断をお願いして自分でスキャナーでスキャンする方法

本をPDFにするためにはスキャナーでスキャンする必要があります。

そのためには本のままではスキャンしにくいので、ページを切り取って(裁断)スキャンしやすい状態にする必要があります。

 

  1. 本を裁断して1ページずつ切り離す
  2. スキャナーで取り込む
  3. PDFとしてファイルに保存する

 

この手順が必要です。

 

【必要な物】

 

専用のスキャナーを使えば本を裁断するひつようはないのですが、きれいに早く処理するには裁断したほうがいいです。

もし自分で裁断ができないのであれば業者にお任せしてもいいかもしれません。

カットブックプロ>>>

 

業者に裁断からPDF化までお願いする方法

業者にお願いしてしまえば、裁断からPDF化まですべて請け負ってくれます。

裁断した本も処分してくれますのでゴミも出ないのでおすすめ!

 

ただし、業者をしっかり選ばないと350ページまでしか対応してくれない所が多いので注意。

電子書籍化サービス24HRという業者であれば、500ページまで対応し、追加料金でそれ以上のPDF化も可能です。

料金もそこまで高くないのでおすすめ!

 

教科書をPDF化する際にしておきたい事

  1. OCR
    PDFのままだと画像として認識されてしまうので、PDF内の文字を検索することはできません。
    OCRは文書を取り込むときに文字として記録する処理を加えることで、PDF内の文字を検索して呼び出すことができます。
  2. ファイル名の変更
    PDFのままだとファイル名が「ABC123456789_A.pdf」みたいになってしまうので、このファイル名を書籍のタイトルに変えてもらうようお願いすると後で便利です。

 

まとめ:捨てられない本はPDFで電子書籍化しよう!

PDFにしてしまえば本の収納や持ち運びの煩わしさに困ることはありません。

インターネットが発達したとはいえ、目当ての情報を探し出すのは苦労しますし、何より信頼性あありません。

その点、医学の権威が執筆した教科書や専門書は信頼性が高いので、インターネットの検索に頼らず本で調べるクセを付けたほうがエビデンスも高いです。

 

PDFとすることで、文字検索もできてかなり便利になりますので、おすすめです!

 

不要な教科書は処分することをおすすめします。

医学書を高く買い取ってくれる買取業者については「【捨てる・売る】大学や専門書の保管場所に困ったから処分の方法を調べてみた」で紹介しているのでご参照ください。

 

どうしても処分したくない方は、収納方法についてまとめている記事もあるのでこちらをご参照ください。

1人暮らしの大学生が実践する教科書の「おしゃれ」な収納方法とアイディア
1人暮らしの大学生向けに、増えすぎて困った教科書の収納方法を提案しています。どうせなら、おしゃれに・スマートに収納したいですよね。

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
PTの働き方【仕事の悩み】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活