入院して無料で貸し出しされるものと、有料か、持ち込みを推奨するもの一覧




「息を吸うと腰が痛い」という状態と「微熱」が続き、肺炎と胸水で入院しています。

入院体験13日目です。

入院体験12日目の記事はこちらからどうぞ!

昨日の記事へ>>>
医者の言うことは分かる。理解はできるが納得は出来ない患者も多いのでは?

 

入院が決まると慌てて準備しなければなりませんが、実は用意しなくても無料でサービスされるものと有料になるものがあるのをご存知でしょうか。

今回はそんなお話です。

 

意外と便利!無料で提供されるもの

無料で提供されるものはいくつかあります。

 

  • 飲み水、お茶(ただし紙コップ)
  • おしぼり、お手拭き
  • 体拭きタオル
  • 尿器
  • 爪切り
  • 綿棒
  • マスク
  • メモ用紙
  • コピー
  • 体温計
  • 石鹸(手洗い用)
  • アルコール(手の消毒用)
  • 絆創膏

 

これらは病棟に備え付けてあったり、看護師に伝えることで持ってきてくれます。

もちろん、持ち帰りは不可ですが。

爪切りや綿棒はわざわざ持ってこなくてもいいんですよね。

消毒もされています(たぶん)

 

持ち込み必須!備え付けナシまたは有料で提供されるもの

逆に有料のものもいくつかあるので紹介します。

 

  • タオル(入院時に契約)
  • 病衣(入院時に契約)
  • 薬(持ち込み不可の場合もある)
  • シャンプー、リンス、ボディソープ
  • ひげそり
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉
  • 靴、サンダル、スリッパ
  • 下着(おむつも含む)

 

これらは売店にも売ってますし、必要なら自分で準備する必要があります。

意外と忘れがちなのが髭剃りや歯磨き粉、入れ歯洗浄剤です。

ご注意を。

 

持ち込みすぎると返りが大変だぞ

入院生活が暇だからといって、たくさん病室に持ち込みすると退院する時が大変です。

特に本や雑誌をしこたま持ってくる方がいますが、あまりにも膨大な量になると本当に重たいので帰りはさぞ大変だろうな、と思います。

 

ぼくが持ち込んでよかった!と思うのは何と言ってもパソコンですね。

スマホとデザリングするだけでブログをアプロードするくらいならなんとかなります。

あとはニンテンドースイッチも借りられてよかった。

スマブラ10時間くらいやってるからね。


なんにせよ、持ち込むものは最低限にしつつ、本当に暇だから何か遊べるものを1つ持っておくとよいです。

 

みんな気になる!入院中のごはん

今日のランチのハンバーグは水っぽい上に胸焼けをしたのがいけませんでしたね。

コンビニのハンバーグ弁当とかでも胸焼けするんですよ。

胃腸が弱いのか、質が悪いのか。

 

まとめ・なかなか体験しない入院生活をお届けします

しばらくブログは「入院生活系」の記事になると思います。

なかなかない体験だから、これを記録しない手はないですよね。

ふつうはあまり知らない入院の世界に興味がある方はぜひ読み続けてください。

基本的に暇なので毎日更新します。

 

次の日の記事へ
入院生活体験14日、一応明日退院しますが何か?>>>