理学療法士の求人はどうやって調べる?リハビリの転職の基礎知識




転職をしたいけど求人を探すのが面倒で転職に踏み切れない人も多いのではないでしょうか。

転職には、かなりの労力と気合が必要ですから腰が重くなるのも分かります。

 

できるだけスムーズに求人を探す方法と、調べ方をお伝えしていきます。

 

理学療法士の求人を調べる方法は?

求人検索も多様化している

理学療法士の求人を得る方法
  • 病院のホームページ
  • 求人サイト
  • ハローワーク
  • 友人や同僚からの紹介
  • 転職サイト

 

 

病院のホームページから探す

最近では病院がホームページを持っているのが当たり前になています。

小さな訪問看護ステーションですらサイトはありますね。

 

そのサイトの中に、採用情報が載っているます。

そこで求人を探し、応募する方法が一般的です。

 

メリットは、希望の職場にダイレクトに転職できること。

デメリットは、探すのが大変で、求人が出ていない場合も多く、給与面などが「当社規定による」など不明瞭な場合が多いことです。

 

求人サイトから探す

インターネットなどで「理学療法士 求人」で探すとたくさん出てきます。

 

ハローワークで探す

地域や職種で絞り込んでいきたい場合はハローワークは有効です。

求人票も明瞭でわかりやすく、すぐに見学などの対応も職員がしてくれます。

ただ噂ではブラック職場も多く出ているので注意が必要とか。

 

友人や同僚からの紹介される

友人からの紹介や推薦で転職することもできます。

私も友人を1人紹介して一緒に働いていますが、実際に働いている人から紹介されるので安心感が違いますね。

ただし、自分の希望と合わない場合、断りにくいなどのデメリットもあります。

 

転職サイトで探す

転職サイトに登録し、転職エージェントと共に希望の求人を探す方法です。

自分の希望する条件を伝えるだけでいくつか求人をピックアップしてくれるので最近は転職サイトを利用して転職する人が増えています。

PTOT人材バンクが良いらしい?リハビリ専門の転職サイトは評判も口コミも上々?調べてみた
「PTOT人材バンク」って評判良いの?リハビリ職専門の転職サイトであるPTOT人材バンクはどういったものなのか、利用する上で知りたいことを徹底的に大紹介いたします!

 

転職サイトに登録するメリットは?

  • 非公開求人がある
  • 自分の希望に沿った求人が見つかる
  • 給与や休日など聞きにくいことを代わりに聞いてくれる
  • 履歴書や面接対策もしてくれる
  • 職場の雰囲気などの情報も提供してくれる

 

転職サイトに登録する一番のメリットは非公開求人があるということ。

非公開求人は、病院側が欲しい!と思った求職者を求めているので、優良な案件が多くお互いの希望が合致しているので入職もしやすいというメリットがあります。

 

転職サイトに登録するデメリットは?

よく挙げられるのが、電話が多い、しつこいということ。

転職サイトも情報の提供をメインにしているので多少の電話やメールは必要ですから仕方ないと思います。

ただ1日に何回も電話が来る、ということはなくあくまでも適正範囲での連絡回数なのでそこまで気にすることもないですよ。

 

よい求人を得るにはよい情報を手に入れよう!

求人は情報戦です。

より良い情報を仕入れた人が、より良い転職をすることができます。

 

病院のサイトやハローワークは、自分が動かないと情報は入手できませんが、転職サイトに登録すれば条件を伝えるだけで勝手に情報が集まってきます。

給与形態や職場の雰囲気、職場管理職の印象など、通常では得られない情報です。

 

それだけでも転職サイトを活用するメリットがあり、情報が多く貰えることで面接時もかなり有利に運ぶことができます。

興味のある分野の職場の人に話を聞くのが一番ですが、そういった機会はそうそう無いので

転職のプロである転職サイトのスタッフに相談するのをおすすめします。

 

このブログは実際に私が使った転職サイトを紹介しており、その中でもマイナビコメディカルが親切・丁寧でおすすめです。

満足度も高いですし、案件も豊富なのでたくさんの情報を得ることができます。

 

PTOT人材バンクも職場定着率が高くおすすめです。

 

「理学療法士の転職」一覧>>>