先輩が教える!新人理学療法士が入職時に1歩リードするポイント




 

後輩さん
後輩さん

理学療法士として働くけどどうやって働いたらいいんだろう?
新人がやっておくべきことって何かないかな?

 

【この記事で分かること】

  • 新人理学療法士が実践することでほかの新人より1歩リードするポイント
  • 新人理学療法士が何をすべきか?

 

入職

 

めちゃくちゃ緊張しますよね。

今までは学生という守られた空間の中から、急に社会という自己責任の空間に飛び出すわけですからかなり困惑すると思います。

 

キム兄
キム兄

ぼくも新人の頃はいろいろ不安が多かったなぁ。

後輩さん
後輩さん

新人さんはみんな不安だよね!

 

そんな新人理学療法士に向けて、新人としての働き方を考えてみましょう。
どうすれば、職場に慣れることができるのか?入職したての頃は何をすればいいのか?

そういった面からお話をしていきます。

 

新人にだって強みや戦い方はある!それを記した記事がこちら

1年目理学療法士の悩み!『知識も技術も無い私に存在価値がない』は本当か?新人の弱さを強みに変える方法
私は技術もないし、先輩がやったほうが効果があるから居る意味が無いと思う…。患者もすぐに治してくれる人のほうがいいと思うんです!【この記事で分かること】知識、技術がない新人の戦い方自分にしかできない技術を探る方法

 

 

入職時~5月までに抑えておきたいポイント

理学療法士として入職したとしても、免許が届くまではリハビリは出来ません。
患者への介入ができないので、この期間は『見学』『リハビリ補助』といった仕事が中心になると思います。

 

後輩さん
後輩さん

全員そうだから心配しないで!

キム兄
キム兄

ぼくはこの時期にすでに辞めたいと思ってたよ…

後輩さん
後輩さん

早すぎぃ!

 

仕事がないというのはかなり辛いですが、みんなそうなので気にせずやるべきことをやっていきましょう。

新人がこの時期にやるべきことは2つ

 

  1. スタッフ(他部門も含め)の名前を覚える
  2. 職場のルールを理解する

 

詳しく説明していきます。

 

スタッフの顔と名前を覚えよう!

新人がまずすべきことは『スタッフの顔と名前を覚えること』です。
仕事を覚える以前い最優先することなので、全力でスタッフの顔と名前を憶えてください!

 

キム兄
キム兄

スタッフの顔と名前を覚えることで、質問がしやすくなるよ。
さらにスタッフの名前を呼んで教えを乞うことで、先輩PTから可愛がられるようになるんだ!

後輩さん
後輩さん

ここでアドバンテージを作っておきたいね!

 

まずは理学療法士の先輩の顔と名前を覚えたら、その次は病棟の看護師の顔と名前を覚えましょう。
病棟の看護師は全員覚える必要なくて、なんとなく覚えやすそうな人に狙いを定めて2~3人覚えるといです。

 

  1. 看護課長
  2. 看護主任
  3. 話しかけやすそうな人

 

この3人でいいと思います。

看護師は理学療法士の新人なんて覚えようともしません。
しかし、こちらから看護師の顔と名前を覚えることで、相手も覚えてくれます。

理学療法士の先輩もそうですが、相手の顔と名前を覚えるということで自分の顔と名前も覚えてもらうことができます。
まずは積極的にスタッフの名前を覚えることで、自分をアピールできるのでほかの新人から一歩リードすることが可能!

 

 

職場のルールを理解しよう!

職場にはそれぞれルールがあります。

 

  1. 職務規律
  2. 課内ルール
  3. 法的ルール

 

そういったことをまずは把握しましょう。

 

キム兄
キム兄

新人が主に必要なのは『電話の受け答え』『職場ルール』『やっていこと、悪いこと』などかな

後輩さん
後輩さん

先輩を見習って動けば間違いないし、分からなかったら聞いてね!

 

患者との対応で押さえておきたいポイント

5月近くなると、徐々に患者に触れる機会も多くなります。
そうなったときに、学生時代の実習のように振舞ってもおそらくダメ。

実習中は指導者が前もって患者さんに承諾を取り、情報をあなたに提供し、実施プログラムの確認をしていましたね?

それを、これからはあなたが1人でしなければならないのです。

 

患者さんに会う前に情報収集をしておこう

情報は非常に重要な評価項目になります。
カルテやサマリーを確認し、どんなことでもいいからチェックしましょう。

 

キム兄
キム兄

このカルテの確認に30分くらいかけてもいいレベル

後輩さん
後輩さん

それはさすがに長すぎない?

 

主に必要な情報は

 

  • 疾患名
  • 既往歴
  • 社会歴
  • キャラクター
  • ADL能力

 

など。
ここでは書ききれないので、別記事にしますね。

 

>>新人理学療法士が初めての患者を持つときに必要な情報

 

ある程度の情報を持ったら、患者のイメージを膨らませて『どう接したらいいか?』などをイメージします。

 

キム兄
キム兄

まぁ初めての合コンと同じだよ

後輩さん
後輩さん

ほんとに?

キム兄
キム兄

行ったことないからしらないけど

 

この時、先輩の名前を憶えていてすでに信頼できる人がいる場合は、その人にガンガン質問や相談をしていきましょう。
先輩だって、新人を無下にすることはないと思いますよ。

 

後輩さん
後輩さん

おぉ…!名前を覚えるという行為がここで役に立っておる!

キム兄
キム兄

名前を憶えて先輩との信頼関係を確立できていれば、ここでも優位に立てるよね。

 

 

明るく笑顔で接しよう

患者さんからすると、10年目の理学療法士だろうが新人の理学療法士だろうが関係ありません。
どちらも立派なリハビリの先生です。

そんな先生が、オドオド・ビクビク・自信がなさそうにしていたらどうでしょう?

 

キム兄
キム兄

新人が不安なのも分かるけど、患者さんのほうが不安でいっぱいだからね!

後輩さん
後輩さん

そんな患者さんの不安を煽るようなことはしないでね。

 

患者に接するときは

 

  1. 明るく
  2. 笑顔で
  3. 目を見て
  4. ハキハキと

 

接するようにしましょう。
患者との信頼関係を築けるかどうかも、ここにかかってきます。

 

 

先輩が送る、新人理学療法士が大切にしてほしいこと

新人理学療法士は、やることがたくさんあります。
そのプレッシャーに押しつぶされないように、ここでは新人がやるべきこと、大切にしてほしいことをお伝えします。

 

焦らず、じっくり仕事に慣れていこう

後輩さん
後輩さん

先輩みたいに仕事ができない!

キム兄
キム兄

当たり前です

 

新人のうちになんでも成功する人は少ないです。
失敗して当たり前ですし、先輩に劣って当たり前。

 

  • 患者から拒否された
  • 患者が言うことを聞いてくれない
  • 仕事の期日が間に合わない

 

もうね、当たり前。
そうやって失敗しながら大きくなってください。

だれも新人の失敗を咎めません。

 

キム兄
キム兄

責任は僕たち上司や先輩がとるよ。

後輩さん
後輩さん

新人さんは慌てないで、じっくりと学んで力をつけていってほしいな。

 

自信のない新人さん向けにも記事を書いています▼

【新人理学療法士】うまく評価・治療ができない…理学療法士に向いていないと悩む前に知っておきたいこと
仕事が先輩みたいに評価も治療も上手くできない…私は理学療法士に向いていないのかも…仕事も楽しくないなぁ【この記事で分かること】・仕事ができないと悩む前に知っておきたい『あたりまえ』・新人理学療法士が自信をつける方法とは?・新人理学療法士が不安に思う原因は『環境が悪い!』

 

広く浅い知識を仕入れていこう

新人が知識を仕入れようとしても、ほんの2か月ほど前までは学生でした。
深い知識を得ようとしても失敗することが多いです。

まずは様々な知識を浅く仕入れていくことをおすすめします。

 

キム兄
キム兄

かといて、整形外科に勤めてるのに脳神経の勉強をしてもダメだよ

後輩さん
後輩さん

自分の仕事に合った勉強をしようね!

 

まずは広く浅く知識を仕入れることで、何か仕事で問題が起こった時に

 

後輩さん
後輩さん

あ、これってあの時学んだ時にかじった気がする!

 

と、ピンとくればその時に勉強した資料なり教科書なりを調べればいいんです。

 

広く浅く仕入れた知識は、あなたの脳の中で『もくじ』となるので、情報が必要な時に調る手間が省けます。

そうやって徐々に深い知識を付けていくことができるので、まずは浅い知識をドンドンつけていきましょう。

 

色々な人に話しかけ、接しよう

新人理学療法士は分からないこと、知らないことが多くあります。
でもここで焦ってはいけません。新人は知らなくていいんです!

でも『知らないまま』ではいけませんね。
知らないことをきちんと『聞けるスキル』を磨きましょう。

 

キム兄
キム兄

新人の最初の仕事は『いろいろな人に聞くこと、話すこと』であると言ってもいいくらい。

後輩さん
後輩さん

理学療法士はもちろん、患者さんや他部門のスタッフにも積極的に聞きに行こう!

 

積極的に話すことで、好感度や信頼度もグッと上がってくるはずです。

話す能力が今後必要だ!ということを語っている記事がこちらになりますので、新人はよく読んで見てください!

患者に拒否されず、社会に選ばれる療法士になるため『人柄』を大事に!
患者に拒否される。周りの人に劣等感を覚える。そんなあなたは、何か自信のあるスキルを身に付けるといいです。その基本的なものが「人柄」です。

 

もしも仕事が合わなかったら我慢せず相談してください

新入職員だって、仕事をし始めてからその職場が合わないかも…?
と、悩むことがあります。

新人は3年頑張れ!とよく言われますが、合わないもんは合わないのでしょうがないです。

 

楽しくない職場で3年間を棒に振るより、自分に合った職場を探してもいいんじゃないかな?

そういう新人も増えてきているみたいね

 

新人で転職して楽しい生活を手に入れたPTのインタビュー記事

【1年目で転職】新人理学療法士が人間関係で悩んで仕事辞めた体験談
1年目の理学療法士仕事が辛くて辞めたい…!でも1年目で転職なんてできるの?そんな思いをお持ちの方に、実際に1年目で転職した理学療法士の体験談を用意しました。実際に辞めるまでの壮絶な経緯と、実際に転職して分かった事とは?

 

じゃあどこに相談するの?というと、転職サイトに相談してみましょう。

 

エージェント
エージェント

我々、転職エージェントがあなたの悩みの相談にのりますよ!

 

転職エージェントは、何人もの理学療法士の悩み相談にのってきています。
職場のパワハラや、年収相談子育ての悩みなど…。

 

もしも新人だったとしても、仕事の悩みがあって困っているのであればぜひ相談してみてください。
転職させれれるかもしれないと思うかもしれませんが、ぜんぜんそんなことありません。

今の職場での状況などを親身に聞いてくれるので、転職以外の解決案もきっと出してくれるでしょう。

 

エージェント
エージェント

おまちしております!

 

【新人だけど仕事がイヤになってきた…】


マイナビコメディカルは相談員の質と人数が豊富で、様々な悩みを解決してくれるスペシャリスト集団です。『ほかに良い職場があるかもしれない』そんな思いがあればマイナビコメディカルに相談してみるのもいいでしょう。

 

リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」
メドフィットは仕事に悩む新人へのアドバイスも親身に受け答えてくれます。『なんとなく仕事が合ってない気がする…』『新人だけど辞めたい!でも根性なしと思われるのもい嫌だ!』というような相談まで受けています。仕事で悩んだらぜひ相談を!

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
PTの働き方 【仕事とストレス】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活