【解説】 リハビリテーション初期加算を分かりやすく日本語で説明 







「給料に不満」「バイトは面倒」そんなあなたに朗報!通勤時間や休憩中にアンケートに答えてちょっとした小遣いが稼げます。バイトをするほどでもないけど無駄な通勤時間や、スキマ時間に稼いでみませんか?

今なら1000円分ポイントがもらます!

マクロミルに登録する

 

リハビリテーション初期加算は厚生労働省の第7部 リハビリテーション通則≫で説明されている内容を分かりやすい日本語に訂正したものです。

表記ゆれ、記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

 

リハビリテーション初期加算を分かりやすく解説

  1. リハビリテーション初期加算 45点

 

  1. リハビリテーション初期加算は発症日(起算日)から14日を限度として1単位につき45点を加算できる
  2. リハビリテーション初期加算はリハビリテーション科の常勤の医師(リハ医)が1名以上配置されていること
  3. リハビリテーション初期加算は、早期加算と合わせて算定できる
  4. リハビリテーション初期加算ができる疾患別リハは以下の通りである
    H000 心大血管疾患リハビリテーション
    H001 脳血管疾患等リハビリテーション
    H001-2 廃用症候群リハビリテーション
    H002  運動器リハビリテーション
    H003 呼吸器リハビリテーション

 

このような加算を取っていく事で、医療点数が上がっていきます。

仮に14日間、毎日6単位介入するとそれだけで初期加算は3780点(1患者あたり)となります。

急性期の患者が10人居れば、それだけで37,800点(38万円)の稼働額となるので、かなりデカいですよね。

 

その他加算はこちら

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

転職サイトを使わないで転職活動するのは勿体ない!

時間もかかるし、失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

各サイトによって扱う求人も違うので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

PT・OT・ST WORKER

PT・OT・ST WORKERは、リハビリ職に特化した専門の転職サイトです。
非公開求人もかなり多く、条件の良い求人が多いのも特徴。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。

リハ職は登録して損はありませんね。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

 

スポンサーリンク
【仕事】報酬・制度
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活