【解説】 リハビリテーション初期加算を分かりやすく日本語で説明 







「給料に不満」「バイトは面倒」そんなあなたに朗報!通勤時間や休憩中にアンケートに答えてちょっとした小遣いが稼げます。バイトをするほどでもないけど無駄な通勤時間や、スキマ時間に稼いでみませんか?

今なら1000円分ポイントがもらます!

マクロミルに登録する

 

リハビリテーション初期加算は厚生労働省の第7部 リハビリテーション通則≫で説明されている内容を分かりやすい日本語に訂正したものです。

表記ゆれ、記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

 

リハビリテーション初期加算を分かりやすく解説

  1. リハビリテーション初期加算 45点

 

  1. リハビリテーション初期加算は発症日(起算日)から14日を限度として1単位につき45点を加算できる
  2. リハビリテーション初期加算はリハビリテーション科の常勤の医師(リハ医)が1名以上配置されていること
  3. リハビリテーション初期加算は、早期加算と合わせて算定できる
  4. リハビリテーション初期加算ができる疾患別リハは以下の通りである
    H000 心大血管疾患リハビリテーション
    H001 脳血管疾患等リハビリテーション
    H001-2 廃用症候群リハビリテーション
    H002  運動器リハビリテーション
    H003 呼吸器リハビリテーション

 

このような加算を取っていく事で、医療点数が上がっていきます。

仮に14日間、毎日6単位介入するとそれだけで初期加算は3780点(1患者あたり)となります。

急性期の患者が10人居れば、それだけで37,800点(38万円)の稼働額となるので、かなりデカいですよね。

 

その他加算はこちら