理学療法士は、頭が良くないとなれないの?運動神経なくてもいいの?




 

学生さん

理学療法士は、頭が良くないとなれないの?
理学療法士は、運動神経なくてもいいの?

 

【この記事で分かること】

  • 理学療法士になるために必要な能力
  • どんな人でも理学療法士になれる可能性があるということ

 

理学療法士を目指している人はどんな人でしょうか。

勉強が出来ないとダメ?運動ができないとダメ?

特に勘違いされやすいのが、運動音痴は理学療法士になれないのでは?という意見。

 

キム兄
キム兄

運動療法を実践する仕事ですから、そのような誤解も生まれてくるのですがそんなことはありません。

 

理学療法士になる為には

 

  • 小中高と良い成績を取る
  • 運動部に入っていた方が良い

 

ということは全くありません。

 

理学療法士になるために必要なものは2つ。

 

  1. 一生懸命勉強ができる
  2. 怠けない

 

これだけです。

この2つを3年、または4年続けた者は、ほぼ100%理学療法士になれます。

 

キム兄
キム兄

そう、たとえ高校時代に成績が悪くてもね。

▼理学療法士の仕事の疑問に答えた記事▼

理学療法士への質問!今後、理学療法士を目指して大丈夫なの?
理学療法士を目指したい…でも将来性が気になる!みんなが疑問に思っている6つの質問に正直に答えました。これからの理学療法士の生末は?

 

頭が悪くても理学療法士になれる!

理学療法士には頭が悪くても、一生懸命勉強できればよいのか?というと、

YES

 

理学療法士になるためには養成校に通う事が必須条件です。

養成校は

 

  1. 大学
  2. 短期大学
  3. 専門学校

 

と3種類ありますが、全てにおいて入学試験があります。

もちろん、学校によって格差はありますが、この試験に通らなければ理学療法士の学校に入れません。

 

ということは、この試験に通る程度の学力は必要!ということですね。

ふつうに高校を卒業できるレベルの頭があるということなので、養成校に入れるレベルであればあまり問題にはならないと思います。

 

▼養成校に必要なお金の記事▼

【学費】理学療法士養成校はいくらかかる?国立・公立・私立の差は?
理学療法士になるには?専門学校と大学の違い、学費の差、学費以外にかかる費用についてまとめました。

 

運動はできなくても大丈夫!

運動も普通に体育をこなせるレベルであれば問題ありません。

 

あまりに運動音痴でも理学療法士になれると思いますが、自分ができない運動を人に教えるというのはできませんから、それなりに苦労するでしょう。

 

  • ボールつきが出来ない
  • ボールが投げられない/取れない
  • 止まっているボールを蹴れない

 

キム兄
キム兄

このレベルでは苦労すると思います。

 

 

  • スキップができない
  • 10m泳げない
  • 縄跳びができない

 

キム兄
キム兄

このレベルであれば問題なく理学療法士はやれると思います。

 

理学療法士になるために必要なもの

理学療法士の学校には、ふつうの知識があれば行けるということが分かりました。

しかし、理学療法士の免許を取るには普通の知識がいくらあっても取ることは不可能です。

 

必要なものは『一生懸命勉強をすること

 

理学療法士の勉強は特殊?しっかり学ぼう!

理学療法士の学校で学ぶ学科は、小中高で習ってきたどの分野とも異なります。

 

  • 運動学
  • 解剖学
  • 生理学
  • 病理学
  • 心理学

 

ほかにもたくさんありますが、どれも小学校、中学校、高校で習う事は少ないでしょう。

つまり、みんなが素人、みんなが横一線でスタートするということ。

 

  • 私は頭が悪いから
  • 勉強できないし…

 

キム兄
キム兄

そんなの全く関係ありません。

 

ここで必要なのは『努力

全く新しい事を覚えるの今までの成績の良さは関係ありません。

もちろん、今まで勉強が出来た人は勉強をするノウハウがあるので強いのは間違いないのですが、いままで勉強ができなかった人でも努力をすればなんとかなります。

 

実際にぼくも中学、高校と成績は散々で、140人中130位とか普通でした。

テストだって一桁の点数を取ったりしていましたし、赤点じゃなければOKみたいな感じで高校生活を過ごしていました。

 

しかし、専門学校に入ってから一生懸命勉強をしたので、成績は学年で最高2位でしたし、国家試験も220点(274点満点)で合格しました。

 

今までの成績なんか関係なく、まさに今努力できるか?

 

これがカギとなります。

 

まとめ:理学療法士は特別頭が良い訳ではないし、運動ができるわけでもない

理学療法士になる人は極めて普通の人たちです。

ただし、専門分野を学ぶ時、つまり学校時代にそれなりに努力してきた人であることは間違いないです。

中学・高校の時のように勉強をサボっているようでは、国家試験には受からないでしょう。

 

学校で勉強なんかしてないよ!

国試も1か月前から勉強して受かったし。

 

そんな人もいるかもしれませんが、そんなことありません。

全員が全員、それなりの努力をしています。

 

  • 一生懸命勉強ができる
  • 怠けない

 

この2つがそろっていれば、理学療法士になることはたやすいでしょう。

 

【新しい分野でキャリアアップ!】


マイナビコメディカルは豊富な情報量で良質な求人をたくさん持っています。『管理職になりたい』『キャリアアップしたい』そんな希望をお持ちのあなたに適したキャリアプランを提案し、さらなる高みを目指せます。アドバイザーの質も高く、リハビリ業界でもかなり評判のいいサイトです。

 

リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」
メドフィットは転職サポート力が高く、スポーツ系や小児系まで幅広い求人があります。『今の仕事がしっくり来ない…』『もっとキャリアを上げていきたい!』そんなあなたは、新しい分野の仕事で活躍できる可能性を秘めています!

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
PTの働き方 【仕事とストレス】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活