理学療法士は生きていけるのか?今後の生活と需要について考える




 

学生さん

PTの今後の需要はどうなるんだろう?
これから資格を取るのも、もうPTとして働いている人も大丈夫なの?

 

【この記事で分かること】

  • 今後、PTは給料だけでやっていけるのか?
  • PTはこれから需要はあるのか?
  • 今後、生き残るための進化

 

これからの理学療法士

 

PTの給料や需要が、今後どうなるか気になりませんか?

特に理学療法士は15万人を超え、今後の需要がなくなるのではないか?と危ぶまれています。

 

患者に拒否されず、社会に選ばれる療法士になるため『人柄』を大事に!
患者に拒否される。周りの人に劣等感を覚える。そんなあなたは、何か自信のあるスキルを身に付けるといいです。その基本的なものが「人柄」です。

 

これからコメディカルを目指す人も、すでに働いている人も今後、理学療法士がどのような歩みをしていかなければならないか?

というものは理解しておいたほうがいいと思います。

 

理学療法士の給料で生活していけるの?

PT/OT/STがリハビリテーションの御三家となっていますが、の給料形に大きな差はありません

どちらかというと、働く場所によって変化し、

 

  1. 訪問リハ
  2. 整形外科
  3. 病院
  4. 老健

 

の順で給料は安くなっていくイメージです。
※あくまでイメージ

給料自体は20万円~25万円で、経験を重ねていくと徐々に昇給していきます。

 

また、転職をすることで大きく給料がアップしていくのも特徴。

新卒から5年間働いた場合と、5年間働いたあとに転職する場合では、転職した方がはるかに給料がよくなります。

 

キム兄
キム兄

これは、病院側が即戦力を求めているからだね

 

これは僕も経験しているので間違いないと思います。

 

【実話】貧乏な理学療法士が転職で170万円も年収をアップさせた話
理学療法士の転職体験談!全て実話で収録しています。転職で年収はどう変わる?休みは?働く時間は?どうすればいい転職ができるの?そういった悩みを解決するには、失敗体験を学ぶ事。1年目で転職した筆者の失敗体験と成功体験とは。

 

とはいえ、今の給料はさほど多くなく、昔に比べると稼げる職種ではなくなってきているのが現状です。

結果的に、理学療法士1人の給料では家族を養うことができず、共働きがあたりまえとなっています。

 

▼家庭もち理学療法士のリアルなアンケート▼

【小遣い】働く理学療法士の小遣いはいくら?小遣い稼ぎの方法もお伝え!
少ない小遣いを増やすためにスキマ時間で1万円稼ぐための方法をお伝えします。家に居ながらできるので会社員や主婦、学生にもおすすめです!

 

 

理学療法士の将来/需要はあるのか?

2018年現在では理学療法士の需要はあります。

理学療法士も15万人を越えましたが、まだまだ求人も多いですし、問題ありません。

 

作業療法士も同じです。

言語聴覚士は1施設に必要な人数が理学/作業療法士に比べ少ないのですが、言語聴覚士の資格を持っている人数も少ないので需要という意味ではまだまだあります。

 

【業種/資格取得人数/求人数】

 

  • 理学療法士:16万人 求人数4000以上
  • 作業療法士:8万人 求人数3000以上
  • 言語聴覚士:2万人 求人数1000以上

マイナビコメディカル

 

このように、資格保有者の数と求人がそれなりにマッチしているので、現状はどの資格取得者も問題なく仕事ができています。

では、これからはどうなるのでしょうか?

 

理学療法士の需要/今後の変化

 

今後、高齢化社会は急激に進んでいくので、需要という意味では作業療法士の需要が増えていくのではないかと考えます。

政府も、自宅療養や自宅で看とりを推奨しており、医療機関でなく家で迎えることを推奨しています。

厚生労働省:PDF

 

これは、施設が減少していることが背景にあり、高齢者を受け入れる施設が限界を迎えるからにほかなりません。

となると、自宅に戻る為のADL分野で秀でた作業療法士が、今後必要になってくるのではないでしょうか。

言語聴覚士も、嚥下機能、構音機能の改善が在宅療養では必須なので、今後需要はかなりあると思います。

 

理学療法士はというと、今度は『予防リハビリ』という分野での活躍が見込めます。

政府は『怪我や病気をする前になんとかしよう!』というものも推奨。

厚生労働省:介護予防

 

怪我をしにくい身体づくり、そして健康寿命の延長をはかる方向で動いています。

今後の理学療法士の仕事は

 

  • 『けがをした人の機能を再び獲得する』

 

から

 

  • 『けがをしない身体の機能を構築する』

 

という方向に進むでしょうね。

それと同時に、理学療法士には『作業療法士』『言語聴覚士』の分野の知識とスキルが必要になってきます。

 

キム兄
キム兄

理学療法士が身体機能だけ見る時代は終わるよ!

理学療法士だってADLや嚥下評価ができないと、これからの高齢化社会では生き残れません。

在宅療養し、在宅でリハビリをすることが増えてくる以上これれは必須スキルであると考えます。

 

 

理学療法士が生き残るには社会のニーズに合わせた変化が必要

これから先は変化できたものが勝ちます。

病院が理学療法士に『在宅復帰率を上げろ!FIMを上げろ』と言ってきたときに、『それは作業療法士の仕事です』と言っているようでは生き残れません。

 

理学療法士こそ

 

  • ADLの評価、向上エクササイズ
  • 嚥下機能の評価、改善

 

ができるようになり、そういった能力が今後求められていく時代になると思います。

 

【新しい分野でキャリアアップ!】


マイナビコメディカルは豊富な情報量で良質な求人をたくさん持っています。『管理職になりたい』『キャリアアップしたい』そんな希望をお持ちのあなたに適したキャリアプランを提案し、さらなる高みを目指せます。アドバイザーの質も高く、リハビリ業界でもかなり評判のいいサイトです。

 

リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」
メドフィットは転職サポート力が高く、スポーツ系や小児系まで幅広い求人があります。『今の仕事がしっくり来ない…』『もっとキャリアを上げていきたい!』そんなあなたは、新しい分野の仕事で活躍できる可能性を秘めています!

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
PTの働き方 【仕事とストレス】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活