【摂食嚥下】STもPTも知れ!病院で活用している評価と食形態決定のフローチャート【2021版】

これからの時代、PTも摂食嚥下の事を知っておかなければなりません。

もちろん、STはさらに深く追求していかなければなりません。

 

病院での食形態をどうやって決めていますか?

適当に決めていたら患者が志望するリスクだってある内容です。

しっかりと精査するために、フローチャートを活用します。

 

フローチャートを活用することで

  • STがどのような考えで食形態を決定しているか知ることができる
  • 現在、患者がどのレベルの嚥下機能化を客観的に確認することが出来る
  • PT・OTそして看護師も患者の嚥下評価ができるようになる

このようなメリットがあります。

 

ここでは、当院で活用している嚥下機能評価のフローチャートをご紹介しますので、ぜひ参考にして自分の施設でも役立ててください。

 

摂食嚥下のフローチャート

嚥下評価の対象者の選定

このフローでは以下の患者全員が対象になります。

  • KT37.5以下
    コロナの影響で37.5度以上の患者は介入しないため
  • JCS1桁
    意識障害のある患者は嚥下もクソもないため
  • STオーダーが出ている
    医師の指示が無いと介入できないため

STオーダーのない患者を嚥下評価するには医師の許可が必要です。

一旦、医師に確認する必要があるので当日に評価するのは難しいと思います。

 

摂食嚥下評価実施のタイミング

基本的には入院した当日に実施します。

そうしないと食形態が分からないまま一夜を過ごすことになるので。

ただし、緊急入院や、当日に医師から指示が出た場合はSTが介入前に拾いきれないので、STに直接病棟から連絡を貰えるようにしています。

 

嚥下評価の流れ

初回の嚥下評価は看護師立ち合いのもと行います。

情報共有が目的です。

  1. 空嚥下
    30秒で0回だった場合は食止め
    30秒で1-2回だった場合は水のみテスト3mlへ
    30秒で3回だった場合は水のみテスト30mlへ
  2. 水のみテスト(3mlとろみあり)
    3mlで誤嚥があれば食止め
    3mlで誤嚥がなければ30mlへ
  3. 水のみテスト(30mlとろみなし)
    30mlで誤嚥があれば嚥下食
    30mlで誤嚥がなければ病前調査へ
  4. 病前調査
    前院・入院前は常食だった場合は「常食」を提供
    前院・入院前の情報なし、あるいは常食じゃなかった場合は「刻み・おかゆ」
  5. 食止めの患者の対応
    基礎訓練を随時実施、空嚥下が1-2回できれば水のみテスト3mlへ
  6. 嚥下食・刻み・おかゆの患者の対応
    嚥下精査を実施(VE/VF、ASAPなど)
    精査後、食形態の判定
    基礎訓練を随時実施、空嚥下と水のみテスト3mlで評価継続

 

細かい食形態の選定

細かい食形態や一口量、ポジショニングはSTがさらに細かい評価をして決定します。

これはフローには載せられない(個別性が大きく占めるため)ので、随時カルテに情報を共有し、病棟看護師とも情報交換をしていきます。

フローチャーを利用することで、嚥下機能が分かりやすく、かつ即座に決定することができます。

嚥下に知識のない看護師やPT・OTにもわかりやすいチャートになっているとおもいます。

失敗せず、希望条件に合った転職をするには?

次の職場を決めずに現職に退職願を出すのはNGです。

また自分に合わない職場を選ぶリスクが付きまとうのでお勧めしていません。

 

でも早く退職願を出して、今の職場から解放されたいのもわかります。

転職するのは、かなり面倒ですが、おすすめの方法は転職支援サイトを活用することです。

エージェントと呼ばれる代理人が、あなたの理想とする職場を探してくれるんです。

 

サイトの登録は1分以内に終わる簡単なもので、登録料も一切かかりません。

転職サイトは、無料であなたの理想の職場を探してくれる便利なサイトなんです。

 

数ある転職サイトの中でもおすすめはPT・OT・ST WORKERマイナビコメディカルの2つのサイトです。

 

サイト登録後は、電話でエージェントに希望条件を伝えることで、希望条件に合った職場をメールやLINEで教えてくれるのでとっても便利。

だから好条件の職場が見つけることができますし、病院見学や面接の段取りもしてくれるので働きながら転職活動をすることもできます。

 

転職サイトに登録すると、エージェントが求人案内・面接予約・入職までのスケジュール管理、さらに履歴書の書き方や面接時のアドバイスなどもしてくれますので心強いですね。

これが無料ですので、使わない手はないです。

 

転職支援サイトはいくつかありますが、転職に悩んでいる人はPT・OT・ST WORKERがおすすめです。

PT・OT・ST WORKERは大手転職サイトであり、求人の多さはどのサイトよりも充実しています。

きっと、あなたの希望にあった求人情報を得る事ができるでしょう。

実際に私も使ってみたので、興味があればこちらの記事もご参照ください。

PTOTSTワーカーを実際に使ってみた!評判も口コミは本当にいいの? | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

転職するなら転職サイトを使ったほうが良い理由▼

理学療法士は転職する気が無くても転職サイトに登録しておくべき理由 | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

転職サイトを使わないで転職活動するのは勿体ない!

時間もかかるし、失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

各サイトによって扱う求人も違うので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PT・OT・ST WORKER

PT・OT・ST WORKERは、リハビリ職に特化した専門の転職サイトです。
非公開求人もかなり多く、条件の良い求人が多いのも特徴。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。

リハ職は登録して損はありませんね。

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

 

スポンサーリンク
【仕事の悩み】技術(スキルアップ)
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活