【認定理学療法士試験対策】理学療法ガイドライン:運動器の専門問題(No.4)




 

キム兄
キム兄

2019年、認定理学療法士・必須研修の4コマ目『理学療法ガイドライン 第1版 (2011)』で重要(試験に出そう)な部分をまとめました。

 

<return>
【認定理学療法士試験対策】専門問題テスト:股関節疾患の理学療法

【認定理学療法士試験対策】股関節疾患の理学療法:運動器の専門問題(No.3)
2019年【運動器】認定理学療法士・必須研修の3コマ目『股関節疾患の理学療法』で重要(試験に出そう)な部分をまとめました

 

変形性膝関節症 理学療法診療ガイドライン

患者情報

  1. 問診:推奨グレードA
  2. 既往歴(過去の膝外傷や手術の既往)
    Ⅰ)ACL損傷、再建術 推奨グレードA
    Ⅱ)半月板損傷、部分切除と全切除 推奨グレードA
  3. 膝OAのリスク要因 推奨グレードA
  4. 肥満 推奨グレードA
  5. 膝関節弛緩性 推奨グレードC

 

画像検査

  1. 単純X線画像(K-L分類) 推奨グレードA
  2. 磁気共鳴画像検査(MRI) 推奨グレードA

 

理学療法所見(客観的評価)

  1. 下肢アライメント 推奨グレードA
  2. 疼痛 推奨グレードA
  3. 関節可動域 推奨グレードC
  4. 膝関節周囲筋の筋力評価 推奨グレードA
  5. 股関節、足関節、足部周囲筋の筋力評価 推奨グレードB
  6. 胸郭、脊柱・骨盤との関係に関する評価 推奨グレードB
  7. 歩行の評価
    Ⅰ)歩行速度、ストライド、ケイデンス 推奨グレードA
    Ⅱ)下肢関節の運動学的変化 推奨グレードA
    Ⅲ)下肢関節の運動力学的変化 推奨グレードA
    Ⅳ)外側スラスト 推奨グレードB
    Ⅴ)筋活動 推奨グレードB
  8. 生活機能評価(自己効力感、FIM、BIを含む) 推奨グレードA
  9. 健康ファイル型尺度の評価(WOMAC、JKOM、SF-36を含む)
    Ⅰ)WOMAC 推奨グレードA
    Ⅱ)SF‐36 推奨グレードA
    Ⅲ)JKOM 推奨グレードA
  10. 課題遂行テスト 推奨グレードB

 

保存的治療

  1. 患者教育と生活指導 推奨グレードA エビデンスレベル2
  2. 減量療法 推奨グレードA エビデンスレベル1
  3. 運動療法 推奨グレードA エビデンスレベル1
    Ⅰ)筋力増強運動 推奨グレードA エビデンスレベル1
    Ⅱ)有酸素運動 推奨グレードA エビデンスレベル1
    Ⅲ)ストレッチングおよび関節可動域運動 推奨グレードC エビデンスレベル2
    Ⅳ)協調性運動 推奨グレードA エビデンスレベル2
  4. 徒手療法 推奨グレードB エビデンスレベル2
  5. 足底挿板療法 推奨グレードB エビデンスレベル1
  6. 装具療法 推奨グレードB エビデンスレベル1
  7. テーピング 推奨グレードB エビデンスレベル1
  8. 物理療法 推奨グレードA エビデンスレベル1
    Ⅰ)超音波療法 推奨グレードA エビデンスレベル1
    Ⅱ)温泉療法 推奨グレードA エビデンスレベル2
    Ⅲ)TENS療法 推奨グレードA エビデンスレベル2
    Ⅳ)水治療法 推奨グレードB エビデンスレベル2
    Ⅴ)ホットパック 推奨グレードC1 エビデンスレベル2
    Ⅵ)磁気刺激療法 推奨グレードB エビデンスレベル2
    Ⅶ)ジアテルミー 推奨グレードD エビデンスレベル2
    Ⅷ)干渉波療法 推奨グレードB エビデンスレベル2
    Ⅸ)電気刺激療法 推奨グレードB エビデンスレベル2
    Ⅹ)骨膜刺激療法 推奨グレードD エビデンスレベル2
    11)レーザー療法 推奨グレードB エビデンスレベル2
    12)物理療法の複合使用と運動療法との併用 推奨グレードA エビデンスレベル2

 

観血的治療後の理学療法介入

  1. CPM装置
    Ⅰ)術後短期的使用 推奨グレードB エビデンスレベル1
    Ⅱ)術後長期的使用 推奨グレードD エビデンスレベル1
  2. 関節可動域運動、スライダーボード運動
    Ⅰ)自動運動 推奨グレードA エビデンスレベル2
    Ⅱ)他動運動 推奨グレードD エビデンスレベル1
  3. 漸増的筋力増強運動 推奨グレードA エビデンスレベル2
  4. 機能的運動療法、バランス運動 推奨グレードA エビデンスレベル1
  5. 振動刺激による運動療法 推奨グレードD エビデンスレベル3
  6. 経皮的電気刺激による筋活動古城 推奨グレードD エビデンスレベル1
  7. 術前の理学療法と患者教育 推奨グレードA エビデンスレベル1
  8. 多種専門職によるリハビリテーション介入 推奨グレードB エビデンスレベル1

 

まとめ(試験後の追記)

認定試験で非常に重要なのは推奨グレードとエビデンスレベルをしっかり記憶しているか?ということ。

例えば「変形性膝関節症の理学療法所見で推奨グレードが正しいのはどれか?」のような問題が出てきます。もちろん、グレードAの部分はしっかりと抑えておくべきですね。

 

<認定理学療法士 試験対策 TOP>
平成30年度(2019年)認定理学療法士試験対策:範囲予想まとめ

【合格しました!】認定理学療法士(運動器)を取得するための試験対策まとめ
2019年に認定理学療法士(運動器)に合格したので、その試験内容と出題ポイントをまとめました。これから試験対策をする人はぜひ参考にしてください。範囲が膨大なので、参考にしつつ試験勉強に励んでください!

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【技術・知識】認定資格
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活