入院患者は看護師と仲良くなれるのか?入院費費用も公開してみる




「息を吸うと腰が痛い」という状態と「微熱」が続き、肺炎と胸水で入院しています。

入院体験15日目です。

入院14日目の記事はこちらからどうぞ!

昨日の記事へ>>>
入院生活体験14日、一応明日退院しますが何か?

 

本日で最終回となります。

最後は皆さんが気になる、看護師と○○できるのか?

そして、入院費用は幾らぐらいかかるのか?というお話。

 

看護師と仲良くなれるのか?

なれます。

看護師は仕事柄、患者の顔と名前を覚えたり情報もバッチリ仕入れてますので、世間話したり廊下で会って声をかけられた莉は普通にします。

でもあくまで仕事ですからね。

勘違いなさらないように。

 

看護師とLINE交換はできるのか?

(たぶん)できません。

仕事中の看護師はスマホは持ち歩きませんし、LINEのIDを紙に書いて渡したところで噂が広まり、病院にいずらくなるだけです。

下手すると○○号室の患者はLINEを聞いてくるので注意!みたいにカルテに書かれてしまいます。

 

担当看護師が男やおばあちゃんや看護主任以上の人に変わったら『ヤバい』という警告なので注意を。

もちろん、セクハラしてもブラックリストに載ります。

 

ただし、イケメンは分かりませんが、あるビジネスホテルである女優の息子が掃除のおばちゃんに乱暴したとき、イケメンだったけど逮捕されてます。

イケメンだからといって許される時代でもないと思いますね。

 

看護師が部屋に遊びに来てくれるか?

ないです。

患者とそういうことになると看護師のクビも飛びますからね。

 

アダルトビデオの見過ぎですので、勘違いなさらないように。

看護師だって人間ですから患者に好意を持つことはあるかもしれませんが、ふつうは退院してから遊んだりします。

入院中にそういった行為をする人はいないと思いますし、いたとしたら脳に欠陥のある看護師なのでむしろ近づかないほうがいいです。

 

基本的に看護師さんは真面目です

まじめだからこそ看護師をやっている訳であって、患者にうつつ抜かしている人はいないです。

あくまで仕事として割り切ってる人が多いですね。

看護師さんに無理なお願いをすると強制退院させられるので注意してくださいね。

 

入院の治療費は?

入院の治療費は約35万円でした。

ここから、高額医療控除としていくらか返ってきます。

日本は医療保険に関しては優秀で、入院費が(これでも)べらぼうに高くなることは少ないです。

 

でも医療費は年々増えていますので、救急車をタクシー代わりにしたり、皮膚科の薬を化粧水代わりにして使ったり、不要なほど湿布薬を貰足りしないでほしいですね。

この医療保険制度をずっと続けていくために、みんなで医療費削減に努めていきましょう。

今回の入院で保険のありがたみを改めて知りましたし、このままではダメかもしれないので保険の見直しもしようかと考えています。

皆さんもいつこうなるか分からないので、今のうちに保険の見直しをしておくことをおすすめします。

保険見直し損保>>>

みんな気になる!入院中のごはん

最後のご飯は朝と昼のみです。

胃に優しい食事も多く、お通じも途中から改善したので栄養バランスとしては良かったと思います。

ただし、人間はたまにはジャンクなものも食べたほうが良い気がします。

 

 


油や脂肪も重要な栄養源ですからね。

ごちそうさまでした。

 

まとめ・なかなか体験しない入院生活をお届けしました

なかなかない入院体験を15日間にわたりお届けしました。

もしもこれから入院になる、という方の役に少しでも立てたら幸いです。

 

まだ僕の治療は続きますが、また入院したら記事にしますね。

もう入院したくありませんが。

では。

 

ブログトップに戻る

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【入院生活】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活