検査に診察に大忙し?入院中してるのに検査に時間がかかる理由




「息を吸うと腰が痛い」という状態と「微熱」が続き、肺炎と胸水で入院しています。

入院体験3日目です。

入院2日目の記事はこちらからどうぞ!

昨日の記事へ>>>入院すると気になる「夜間の物音」は本当に眠れないほどなのか?

 

ぼくが入院している名目は一応「検査入院」なのですが、その検査がめちゃくちゃ時間がかかるんですよね。

検査自体の時間でなく、検査を受ける『待ち時間』が長いんです。

入院してるんだからすぐに検査が受けられるんでしょ?

なんて思ってたら甘いです。

 

1日中横になってボケーッとしている日もあれば、半日で検査がワサワサ入れられたり。

そんな入院中の『検査』についてお話します。

 

入院中の検査は医者がいなければ何も進まない

当たり前の話ですが、入院中の検査や治療は医者の判断に委ねられます。

しかし、医者だってヒマではありません。

ぼく以外の患者の診察や、研修会、処置など本当に多忙なんですよね。

 

だからぼくの検査なんてちーっとも進まない。

 

外来なら、その診察した医者が主治医ですから検査はすぐにできますが、入院してるとそうはいかないんですよね。

しかも入院した翌日(2日目)は主治医が休みだったもんだから

本当に丸1日何もせず終わりました。

 

そのくせ、1万円以上の部屋代や1食500円の食事代がかかるんだからたまったもんじゃない。

無理やり当日に入院しないで、入院日をずらせば良かったんじゃないか?

 

今日も検査時間がまったく予定通りじゃなくて、不安MAX。

待たされるほうはたいへんです!

医者がいたときはチャンス!めちゃくちゃ検査させられる

だから医者が在院の時は『チャンス!』とばかりに様々な検査をさせられます。

さっきまでのんびり横になってたのが嘘のよう。

 

  1. エコー検査
  2. 胸水の採取
  3. レントゲン
  4. 採血
  5. 検尿
  6. CT

 

と鬼のように検査させられます。

 

ちょっと待ってくれ…もっと分散させることはできないのかい?

という暇もなく、検査の嵐です。

まぁ翌日が祝日だから、というのもあるから、その影響かもしれませんけどね。

 

病院は患者の事はあんまり考えてない印象だ!

病院の理念には『患者様のために…』なんて書いてあったりしますが、それは半分本当で半分間違いです。

実際に入院してみて思ったことは

「病院は自分の都合で動いているんだな」

ということ。

 

例えば『標準負担額減額認定証(全国健康保険協会)』という書類の提示をなるべく早く(3日以内と言われた)求められましたが、あいにく3連休を挟んでしまい全くとることができません。

これから医事課に相談しに行きますが、こういった所の配慮(連休を挟むから連休明けでも良いとか)が欲しいなと思います。

 

あと一応感染予防のため、ぼくの部屋は標準予防策(マスク・ビニールエプロン・ゴム手袋の着用)が義務づけられていますが、介護士や掃除のおばちゃんなんかマスクもしないでガンガン入ってきます。

その辺の統一性は無いんだな…と、客観的に思いました。

 

ちなみに、主治医への不信感も徐々に出始めてきた模様…。

時間がかかる原因は各課ごとの連携が取れていないからだ

ぼくが入院するとき、呼吸器科の看護師はすぐに入院できるように連絡をしておいてくれる、と言いました。

しかし、実際にぼくが入退院受付に足を運んだ時、全くその情報がなくイチからカルテ作成をする始末。

15時半までに入院すれば、検査は当日にできると言われていたのですが、15時45分くらいの入院になってしまったため当日検査ができず、無駄な入院費用を支払う羽目になりました。

 

ちなみに、ぼくは入院する手続きの所に15時20分には居たので、スムーズに入院できればすぐに検査し、退院日も早くなったかもしれません。

連係ミスが患者負担を大きくしていると身をもって実感しました。

 

みんな気になる?入院中のごはん

と、まぁ病院へのクレームみたいのはほどほどにして食事に移りましょう。

基本的に

 

  • 低カロリー
  • 低脂肪
  • 減塩

 

なので体にいいです。

今日は胃液検査があったから昼ごはんは無し。

 

 

まとめ・なかなか体験しない入院生活をお届けします

しばらくブログは「入院生活系」の記事になると思います。

なかなかない体験だから、これを記録しない手はないですよね。

ふつうはあまり知らない入院の世界に興味がある方はぜひ読み続けてください。

基本的に暇なので毎日更新します。

 

次の日へ>>>
今なら笑える?看護師に聞いた!イラっとした入院時のマナー違反5選


人気ブログランキング

 

もっと上を目指して転職を考えている人におすすめの転職サイト!

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。
転職をした理由はすべて「自分のため」です。

 

  • 給料が安いけど…
  • 休みが少ないけど…
  • 残業が多いけど…

 

全ては患者様と病院の為に!

という考えに全く賛成できず、モヤモヤした日々を送っていました。

 

  • イヤイヤ行う理学療法が本当に患者の為になるのか?
  • 働きたくもない職場で頑張ることが、本当に大切な事なのか?

 

ぼくはその古い考えから真っ向から否定し、現在に至ります。

結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

もちろん、転職をすることでデメリットもあります。
また仕事をイチから覚えたり、人間関係を構築しなければなりません。

しかし、それを補って有り余るメリットが転職にはあるんです。

 

そんな転職をしてきたぼくが、おすすめする転職サイトを3つ紹介します。
転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

 

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

もちろん、サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

【入院生活】
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活