理学療法士が給料で選ぶときに騙されない!500万、600万円級の正しい年収の選び方




理学療法士の求人情報を見て、年収500万円とか600万円の求人を探すことってありますよね?

インターネット検索をしても、求人情報が出るわ出るわ!

 

【理学療法士 600万円 求人】で検索した結果

 

まだまだ理学療法士の求人で年収が高いのがたくさんあるぜひゃっほー!

ってわけにはいきません。

 

年収600万円の求人は確かにあるのですが、その内容に注意していかないと後で後悔することになりかねません。

ここでは、年収500万、600万円の求人を探す際の注意点をお伝えします。

甘い言葉に騙されないように注意していきましょう!

 

理学療法士の給料で年収600万円の求人

求人票を見ていると、年収600万円級の求人は結構あります。

【参考|PTOT人材バンク

 

年収484-620万円

PTOT人材バンク

昇給すれば600万円可能

PTOT人材バンク

 

このような求人を選んでいけば、年収600万円も夢ではなさそうですね。

でも、やっぱりそうは簡単にいかないんですね。

 

年収が高い求人を選ぶときの注意点が2つあるんです。

 

年収が高い求人を選ぶときのたった2つの注意点

年収が高い求人を探すときの注意点をお伝えします。

これを知らないと、給料の高い求人を探していたのになぜか年収が前の職場より下がってしまう、という事態になりかねません。

 

年収の振れ幅を見る

先ほどの求人を見てみましょう。

 

こちらの求人は年収に換算すると年収484-620万円くらいになります。

しかし転職や就職をしていきなり620万円貰えるわけでなく、経験年数や役職によって年収が上がっていくのが一般的なので、この求人に応募した場合最初に貰える年収は484万円である可能性が高いです。

 

親切な求人は、年収モデルとして3年目:○○万円、10年目:○○万円と提示してある場合がありますが、そうでない場合は自分がどの程度の年収を貰えるのか確認したほうが無難です。

 

年収の差がある求人に気を付ける!

求人を探していくと、年収の振れ幅がかなり大きい求人を見つけることがあります。

 

 

こちらの求人の年収は360-600万円ですので、240万円も差が開いていますね。

こういった求人を見て「自分も600万円稼げる!」と思うかもしれませんが、避けた方が無難です。

大体こういう求人は管理職にならないと600万円は貰えませんし、入職した時は最低賃金の360万円かもしれないのでそうなると前の職場より年収が低くなってしまう恐れがあります。

 

また、訪問リハビリなので訪問件数が安定せず、訪問回数が減った月は収入が下がってしまうリスクがあるのでどれくらい利用者がいるかもチェックしないといけません。

 

ちなみに、この求人で年収600万円を目指すには月120件(1日6件)訪問する必要があります。

 

この求人も同じですね。

月給50万円貰える可能性も確かにありますが、恐らく最初は25万円です。

すると年収は300万円になってしまうので超要注意!

 

理学療法士の給料で年収600万円の求人を探すなら

年収600万円を謳ってる求人はおおくありますが、実際にすぐ600万円もらえる職場は限られていると思ってください。

もしも年収300-600万円という求人に応募して、実際に年収が300万円だったら泣くに泣けませんし、求人票も嘘はついていないので訴えることもできません。

 

だから転職する際は必ず、自分の年収は幾らになるかを確認すべきです。

 

自分で年収を確認しずらかったら転職サイトに聞いてもらおう!

自分ではなかなか年収のことを聞けない人も多いですよね。

そういう方は、転職サイトに登録して転職アドバイザーにお願いするとイイと思います。

 

転職アドバイザーはこちらの要望を的確に把握し、最適な転職先を見つけてくれます。

こちらの要求を相手に伝えるパイプ役も果たしてくれるので、聞きにくい給料の事や休日、福利厚生、職場の雰囲気などを確認して伝えてくれるので便利です。

 

私は自分からそういう給料の話とかは聞けないので、転職アドバイザーさんに伝えてもらい、情報を得ていました。

とっても気が楽ですし、無料でお願いできるのでぜひ利用することをおすすめします!

 

▽無料:おすすめの転職サービス▽

 

まとめ

年収600万円の求人は意外と多く出ていますが、実際に600万円だしてくれる職場は意外と少ないと思います。

自分が働くとどれくらい給料が貰えるのかをしっかりと職場に確認することをおすすめします。

 

もし自分から聞きにくかったら、転職アドバイザーの力を借りるとすごくスムーズに話が進むのでおすすめです。

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【PTの転職】転職のコツ
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活