【解説】別紙様式21:リハビリテーション実施計画書の使い方と様式







「給料に不満」「バイトは面倒」そんなあなたに朗報!通勤時間や休憩中にアンケートに答えてちょっとした小遣いが稼げます。バイトをするほどでもないけど無駄な通勤時間や、スキマ時間に稼いでみませんか?

今なら1000円分ポイントがもらます!

マクロミルに登録する

 

厚労省の現本はこちら≫

 

別紙様式21:リハビリテーション実施計画書は簡易的な計画書です。

この書式で計画書の算定(300点)はできませんが、疾患別リハビリテーションはできると認識しています。

  • 算定により支払い料金が変わってしまう外来患者
  • 説明しても意思疎通のできないが、リハビリを実施する必要のある患者
  • 家族への説明のため、来院を待つがリハビリを実施する必要のある患者

などに活用しています。

 

要は、リハを実施したいけど患者サインがすぐに貰えない状況の場合、こちらの様式を使用するというスタイルです。

基本的に計画書は入院から7日以内、遅くても14日以内に作成しなければいけませんからね。

 

その際、カルテには以下の文章を添付します。

 

【リハビリテーション実施計画書について】
リハビリの実施にあたり、計画書を作成しましたが、リハビリを実施するにあたり目的・目標・危険等を説明しましたが患者様の理解困難なため、サインを頂かずにリハビリを開始しています。ご家族様の来院を待ち、再度説明をさせて頂く予定です。

 

様式集に戻る≫