評判通り!6歳からスマイルゼミを始めた娘と親から見たメリットデメリットとレビュー




うちの娘は3歳から通信教育をしています。

こどもちゃれんじ・ポピー・スマイルゼミと使ってきましたが、今回はスマイルゼミを実際に使っている娘と親の感想をレビューします。

通信教育を始めたのは、なにか家庭学習をやらせてみたいと思たことと、娘が「やってみたい」と言い出したことがきっかけです。

 

娘がやりたいと言えば水泳でもダンスでも何でもよかったのですが、娘が選んだのが「通信教育」でした。

広告やサイトを見ると面白そうですもんね、実際。




スマイルゼミはタブレット型の学習で、ノートや教科書は必要ありません。

毎月知育おもちゃや付録も送られてこないのですが、娘は楽しくやっているようです。

 

ここでは、スマイルゼミを実際に使った娘の反応と、親目線から思ったメリットとデメリットを紹介していきます。

 

▽無料で資料請求する▽

 

スマイルゼミのご紹介

本体とカバー

スマイルゼミはタブレットで学べる通信教育で、教科書やプリント、そして付録などはついてきません。

タブレット内で全て完結し、毎月新しい教材がアップロードされていきます。

 

コースは3つから選ぶことが可能。

  • 幼児コース
  • 小学生コース
  • 中学生コース

それぞれが教科書に沿った学習内容になってるので面白いです。

幼児期からでも新しい体験と反復練習ができるので、脳の基礎作りにはおすすめです!

 

スマイルゼミの小学生コースの内容

充実した内容(1年生)

うちの子は6歳(小学校に上がる3か月前)から始めたので、小学生コースを選択しています。

小学生コースの内容は以下の通り。

  • 国語
  • 漢検ドリル
  • 計算ドリル
  • 英語
  • 英語プレミアム
  • プログラミング講座

それぞれが楽しく学べるように工夫が凝らされています。

 

なぜ子どもがスマイルゼミを選択したのか?

なぜこどもちゃれんじもポピーもやったにもかかわらずスマイルゼミに移行したかというお話をします。

まず、こどもちゃれんじのメインキャラクターである「しまじろう」に飽きていたこと。

娘も小学生になるので、しまじろうで喜ぶ年齢は過ぎてしまいました。

 

ポピーは安くて良かったのですが、毎月送られてくるドリル(ぽぴっこ)が1月で終わらず、どんどん溜まってきてしまった事と、娘が面倒くさがったことが原因で辞めました。

 

で、次に何をしようか悩んでいた時に偶然スマイルゼミの体験ブースをららぽーとで見つけ、やらせてみたところ娘が大変気に入った、というわけです。

僕たちとしても、飽きずに勉強してもらいたい思いと、無理やり勉強させたくないという思いがあったため、娘が気に入ったスマイルゼミをやってみることにしました。

 

また、ドリルや知育おもちゃなどの余計な教材がないというのも大きなメリットに感じました。

我が家には勉強し終わった教材やもう扱わない知育おもちゃが山ほどありますから…。

 

娘は字を書くことや絵を書くことが好きでしたが、計算はあまり好きではありません。

しかしスマイルゼミの体験をさせたところ、苦手な足し算も食い入るようにやっていたのが印象的でしたね。

小学校に入る前にひらがなや簡単な計算ができていたほうがいいと思いましたし、何より楽しく学習する基礎ができればと思い入会を決めました。

入会を決めたポイント
  • 娘が興味を持った
  • 教材がタブレット1つのみで無駄がない
  • 英語教室のように時間に縛られない
  • 持ち運びできる

 

スマイルゼミを使って感じたメリット10個

スマイルゼミを使うメリットは本当にたくさんありますが、実際にぼくたちが使ってみて感じたメリットを紹介します。

メリットを知っておけば、通信教育で悩んだ時に選ぶ決め手となります。

 

スマイルゼミのメリット
  1. 2週間のお試し期間あり
  2. 余計な教材ナシ!タブレットのみ
  3. 毎月アプロードされて手間なし
  4. 外出時に持ち運び可能
  5. タッチペンや指でも操作可能
  6. 毎日のミッションがあり、達成感がある
  7. 文章を読んでくれる(国語の文章・英語の発音)
  8. トークルームでコミュニケーションが取れる
  9. あんしんサポートで故障対策
  10. タブレットはずっと使え、解約した後もandroid端末として使える

これらメリットは教育にかなり有用であり、親としても助かります。

ひとつづつ簡単ではありますが説明していきます。

 

2週間のお試し期間あり

スマイルゼミには2週間のお試し期間があり、この期間にどれだけ遊んでも返品すれば全額戻ってきます。

クーリングオフと同じ制度なので、もしも子供があまりやりたがらなければ返品してしまえばいいです。

気軽に取り掛かれるというのは良いですよね!

 

余計な教材ナシ!タブレットのみ

スマイルゼミの教材はタブレットのみ!

毎月送られてくる教材や知育道具などはなく、物が増えないのは本当にありがたいです。

知育教材は、なんとタブレットの中に仕込まれています。

タブレットのみなので、置き場所を確保すれば子供もすんなり片付けてくれますよ!

大きさはA4サイズよりちょっと小さいくらいです。

A4ノートと比較

 

毎月アプロードされて手間なし

スマイルゼミのデータは随時アップロードされていきます。

勉強した回数や、問題を解いた時間などが記録されるのでいつでも子供の実力を見ることができます。

毎月1日には新しい教材があ自動で配信されるので、わざわざパソコンを開いたりする手間もないので手間がかかりません。

 

外出時に持ち運び可能

専用カバー装着

スマイルゼミのタブレットには専用カバーがついており、万が一落としても多少は大丈夫な作りになっています。

しかも「おでかけモード」もあり、データをダウンロードしておけばwi-fi環境が無くても勉強できます。

ダウンロードすればOK

おでかけモード

 

外出時に勉強した内容は、またwi-fiにつないだ時に自動でデータ保存してくれるので、外出時の勉強データも残るので安心!

車の中や飛行機の中でもおとなしく勉強しててくれるのが有難いですね。

 

タッチペンや指でも操作可能

タッチペンで書ける

スマイルゼミのタブレットは備え付けのタッチペンや指でも操作できます。

タッチペンの書き心地はスムーズで、鉛筆を持つ練習人なりますし、もし忘れたりなくしたりしても指でも反応するので大丈夫です。

 

もしなくしてもandroid端末なので、代わりのペンは幾らでもあるのも嬉しいですね。

 

毎日のミッションがあり、達成感がある

今日のミッション

スマイルゼミのテキストには毎日「今日のミッション」が配信されます。

いままでの勉強内容から復習できるもの、今配信されている新しい勉強内容が含まれているので、「今日のミッション」をクリアするだけで講座をまんべんなく実施できます。

 

終わればカードが引けるので、コンプリートしたりレアカードを集めたりして楽しめますよ!

楽しいカード集め

 

文章を読んでくれる(国語の文章・英語の発音)

文章がまだスムーズに読めない年齢なので、文章問題などは苦労すると思います。

「ねぇパパ、これて何て読むの?」と何度も聞かれるのは正直面倒くさいですよね。

でもスマイルゼミには文章読み上げ機能が付いており、文字が読めなくても問題なし。

アニメーションもスムーズに動くので、非常にわかりやすくとっつきやすい内容となっています。

 

トークルームでコミュニケーションが取れる

トークルームの画像

スマイルゼミにはみまもるネットというものがあり、ここに親の端末で登録しておくと子どもとメッセージのやり取りができます。

 

  • 今日はどこまで進んだか?
  • 100点が取れた自慢
  • GETしたレアカードの自慢
  • 自分の書いた絵を送る

 

など様々なことがLINEのようにできます。

スマホが欲しい子どもも楽しそうにやっているので見ていて和みます。

 

あんしんサポートで故障対策

スマイルゼミはタブレットを使用しますが、タブレットの故障が結構気になりますよね。

子どもは雑に扱いますから。

ただメーカーもそれを分かっているので、普通のタブレットより多少頑丈に作られているんだそう。

 

タブレットの破損が心配なら安心サポートに入っておくと安心です。

 

  • サポート費用:年間3,600円
  • 修理交換費用:6,000円

 

12か月以内であれば1回、修理交換が可能です。

 

タブレットはずっと使え、解約した後もandroid端末として使える

スマイルゼミを解約した後はタブレットはどうするか?というと、そのまま手元に残ってandroid端末として使用できます。

アプリを入れれば様々な用途に使えるので便利ですね。

 

実際に使って感じたスマイルゼミのデメリット

スマイルゼミをやってみて感じたデメリットは3つあります。

  • また使うからと片づけない
  • 同じ課題ばかりやってしまう
  • 目が悪くなりそう

 

スマイルゼミが楽しいのは分かるのですが、夕食前に遊んでて「ご飯だから片付けてね」と言っても「またすぐ遊ぶから」と出しっぱなし。

また、面白い課題と苦手な課題があるようで、お気に入りの加太ばかりやってしまうのは、何度も学習できるので良いのですが、ちょっとデメリットかなと。

娘のお気に入りは漢字と英語の発音、苦手は足し算・引き算です。

 

そして、タブレットなので目が悪くならないか心配です。

一応明るさを調整していますが、心配ならブルーライトカットのフィルムを貼ってもいいかもしれませんね。

 

 

スマイルゼミのタブレットのここがすごい!

実際にタブレット学習は択さなるのですが、その中でもスマイルゼミが一番すごいんじゃないかな?と思います。

使う子供の事を考えた新設設計で普通のタブレットとは一味違いますよ!

 

スマイルゼミのタブレットはカメラがすごい!

スマイルゼミのタブレットには当然カメラが仕込まれています。

インカメラは200万画素、アウトカメラは500万画素でひと昔前のスマホより高性能!

自撮りした写真をデコレーションして親に送信できるのが楽しいみたいで良く遊んでます。

 

スマイルゼミのカバーがすごい!

カバーと本体

専用設計されたたうれっとカバーは、丈夫で衝撃にも強いのでタブレットの破損を防いでくれます。

留め具も磁石でくっつくようになっており、子供でも簡単に開閉できます。

 

残念ながら立てて使うことができないのですが、ノートとして考えると別に立てる必要もないか…。

こんな感じでちょっと立てられる

少しだけ立てることで、机の上でやるときに見やすくはなります。

 

スマイルゼミのタブレットの端子がすごい

iPhoneやipadの弱点は端子です。

充電器が壊れたり、端子が破損したり…それはスマイルゼミのタブレットにも言える事…ですが!

端子の耐久性をアップしたことで非常に壊れにくくなっています。

改善された端子

また、端子の計上も見直して子供が使っても壊れにくい設計に!

もしかしたら昔、ここが壊れたという修理依頼がたくさんあったのかもしれませんね。

 

スマイルゼミのタブレットの耐久性がすごい!

全体的に補強されている

スマイルゼミのタブレットの枠組みを強化することで衝撃の耐久性が大幅にアップしているとか。

確かに、普通のタブレットよりフチが厚いように見える。

この辺りも顧客の声を大切にしているスマイルゼミらしい対策と言えますね。

 

スマイルゼミのペンがすごい!

持ちやすいペン

スマイルゼミのペンはめちゃくちゃ書きやすいです。

書きやすいペン先

先っぽがボールペンのようになっており、反応も良好!

重さも11グラムと軽いので疲れません。

タッチした感覚をしっかりと腕に伝える仕様なので、書いてる間隔を味わえて書く練習にも最適です。

しかもペンのお尻でこすれば文字も消えるとか。すごい!

 

スマイルゼミのタブレットは手をついても大丈夫!

タブレットでペンを使うと、ペンと一緒に手を付けてしまうと反応しなくなることってありましたよね。

手を画面につくことで支点となり、文字も書きやすくなります。

この機能を有しているのはスマイルゼミのタブレットのみです。

 

このようにかなり高性能なタブレットを利用して勉強できるので、かなりおすすめ!

しかもスマイルゼミはこのまま中学生コースにも引き継げるので、新しくタブレットを買い替える必要もナシ!

めちゃくちゃお得に通信教育できるので、パパ友やママ友におすすめしまくってますw

 

スマイルゼミは学校の教科書と連動している

教科書の内容が課題に!

スマイルゼミの学習内容は学校の指定教科書と連動しています。

「おおきなかぶ」「いちねんせいのうた」など、教科書にのっている内容で学習できるので、子供も学校の勉強と結び付けやすいのがいいですね。

 

実際にスマイルゼミのタブレットを使ってみて

届いてから封を開けるワクワク感は、大人も子どもも変わりません。

むしろ大人のほうが興奮したりするレベルで美しい新品のタブレットが届きます。

設定は説明を見ながら大人がやってあげる必要があり、wi-fiもないといけないので注意!

 

スマイルゼミを手にして、一番よかったのは子どもが自主的に勉強する機会が増えたこと。

楽しみながら学べるというのは非常にありがたいですし、学校から帰ってきても学校の宿題はそっちのけでスマイルゼミをやりだすので注意されています。

 

今でこそ、当初のようにガッツいてスマイルゼミをやることはなくなりましたが、毎日必ず開いていますし旅行の時も持っていくパートナーとして大活躍しています。

 

まとめ:スマイルゼミは小学生の勉強におすすめ!

スマイルゼミのポイント
  • 興味を持って勉強できる
  • 教材がタブレット1つのみで無駄がない
  • 英語教室のように時間に縛られない
  • 持ち運びできる
  • タブレットのみで小学校6年は勉強できる

 

スマイルゼミの良い所は、親の負担がかなり減るというところ。

採点は要らないですし、できたよシールを貼る手間もない。

なにより「今日は勉強やったの?」と聞くまでもなく勝手に進めてくれるというのが有難いですね。

 

まだ子供ですから、勉強がイヤになってしまうこともあるでしょう。

そんな時、スマイルゼミのように楽しみながら学習できるコンテンツを提供してあげるのはいかもしれません。

 

今のところ、スマイルゼミを始めて後悔はしていませんし、ありがたいと思っています。

まずは資料請求をし、2週間の返金保証もあるので試してみるというのもアリです!