日本理学療法士協会の「新生涯学習制度」にパブリックコメントを伝えるとどうなる?




日本理学療法士協会は2021年4月より「新生涯学習制度」として登録理学療法士の設定など様々なテコ入れをしています。

【関連記事】
認定理学療法士からみた登録理学療法士の印象と考察【登録PTのメリットってなに?】>>>

 

さて、そんな日本理学療法士協会の新学習制度について、新制度に関する意見を募集しているのを知っていますか?

 

新生涯学習制度に関するパブリックコメントについて

  • 2019年12月4日(水)正午~12月13日(金)正午まで
  • 新制度に関わる最新資料・FAQ等を予めご確認いただいた上で、コメントをすること
  • 1回あたり最大5つ回答可能
  • 意見は新制度の検討にあたっての参考とするもので、反映を約束するものではない

 

と、このような注意事項を守ればコメントを出すことができます。

 

意見のメインカテゴリ
  • 登録理学療法士について
  • 前期研修について
  • 後期研修について
  • 認定理学療法士について
  • 専門理学療法士について
  • その他

協会の今後の発展と、理学療法士として生きていくと決めたのであればぜひとも個人の意見を出していきたいところです。

 

日本理学療法士協会の「新生涯学習制度」に意見を伝えることで変わるもの

協会は理学療法士全員で良くしていくもの。

 

「給料が上がらない」

「協会に入ってる意味が分からない」

「認定理学療法士を取るメリットがない」

「登録理学療法士なんて反対だ」

 

色々な意見があると思いますが、それを協会に伝えるチャンスを与えてくれました。

うだうだ言ってても変わりませんし、誰かが変えてくれるのを待つだけでも何も変わりません。

 

こういうチャンスに、自分の意見をしっかりと協会の偉い人に伝えて行ければと思います。

行動しないのに文句ばかり言う人は、ずっとそのままですよ。

 

私はいくつか出しました。

パブリックコメント受付

 

みんなで良くしていこう理学療法士協会!

パブリックコメントはこちらからどうぞ
[会員限定コンテンツ]新生涯学習制度に関するご意見の募集について|日本理学療法士協会>>>

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
PTの働き方【仕事の悩み】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活