理学療法士が最悪のタイミングでビットコインを買ったらすぐに大暴落した話




ビットコイン持ってますか?

僕は少し持っています。

 

いわゆる仮想通貨は2017年にとっても値上がりして、仮想通貨元年・仮想通貨バブルなんて呼ばれていましたよね。

僕もその存在は知っていたのですが、ドンドン周りが盛り上がる中、仮想通貨(ビットコイン)に最悪のタイミングで手を出したらメチャクチャ暴落した話をしていきたいと思います。

 

仮想通貨を買った経緯

仮想通貨買いました

 

僕が仮想通貨を買ったのは2017年の秋ごろです。

当時、6月くらいからビットコインの存在は知っていましたが、どんなものか良くわからなくてTwitterなどで同行を確認していました。

 

2017年5月にビットコインで決算できるようになってから価格はみるみる上昇!

仮想通貨バブル・億り人なんて言葉も飛び出してんやわんやの大賑わい!

 

こりゃ参加するしかねぇ!と思い、いろいろ調べたら「ビットコインは2018年春頃がピーク!」という情報も出ていたので、ちょっと値段が上がりすぎた感がありましたが購入を決意しました。

 

購入したのはビットコイン・イーサリアム・ネムあたりだった気がします。

あとは草コインという安いやつをちょろっと。

 

2018年1月の悲劇

僕がビットコインを買ってからなぜか徐々に値段が下がってしまい、「あれ?やっぱヤバくね?」みたいに思ってたら大変なことが起こりました。

 

  1. コインチェックのハッキング騒動
  2. 韓国の仮想通貨取引規制

 

そう、ぼくの取引所はまさにコインチェック。

仮想通貨を取り巻く環境はまさに阿鼻叫喚。

 

あぁ、コインチェックじゃなくてZaifにしておけばよかった…

なんておもってたら、3月にはZaifもハッキング被弾!

 

\(^o^)/オワタ

 

とりあえずビットコインとイーサリアムはまだ持ってる

ビットコインを購入したのが2017年の12月で限界まで上がった時でした。

その3か月後にはビットコインの価値が1/4になるという始末。

ビットコイン日本後情報サイト

 

いくら買ったかは伏せますが、余剰金で参加していたから大きな被害にはなっていないもののやっぱり投資金が減るのは寂しいもんですな。

 

今は少し回復してきて、買った時の70%くらいまで盛り返してますが、一応まだこのまま持っておこうかなと考えています。

 

ビットコインの買い増し

実はコインチェックには日本円でいくらか残っています。

2019年の2月ごろのビットコインは37万円と、最高値の1/6程度だったので買い増しをしておけばよかったな…と思っています。

 

これからまた下がってくるかもしれないので、その時に買い増しできたらいいな。

最終的にビットコインは100万円ぜんごで推移する気がするので、また暴落したら買い増しして暴落しなければ別にそのまま、と言った感じですね。

 

ビットコインの動向はこういった所で情報収集します。

ビットコインの動向
  • アメリカの株式
  • 金融商品取引法の動向
  • Bakktの動向

 

負けまくってるぼくのいう事なので信じなくてもいいですが、こんなところを見ています。

 

投資は今後絶対に必要!

ビットコインのみならず、投資は今後絶対に必要だと思います。

退職金や年金は期待できませんし、消費税も15%まで引き上げるとか言われていますし、老後の資金に2000万円ひつようという話も聞いたことがありますよね(本当は5000万円らしいけど)

 

つまり、普通に年収400万円程度の仕事をしてても安心で安全な生活は営めないと言っていいと思います。

だから副業したり、収入の柱を増やしたりといった努力が必要なんです。

 

ぼくはビットコインをやれとは言いませんが、投資は今後必要な物になってくると思います。

どちらかというと、ぼくは積み立てNISAやイデコをおすすめしています。

 

実際にイデコはやっていますので、どんなもんか知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

理学療法士の退職金に期待するな!iDeCo(イデコ)で差をつける資産運用とは?
理学療法士の退職金は240万円といわれています。全く期待できない退職金を補うために、ぼくは「iDeCo(イデコ)」を始めました。初心者でも始めやすいiDeCo(イデコ)の魅力をお伝えします。

 

まとめ:ビットコインはお勧めしないけど投資はしておく

うちの父も株をやり始めました。

定年を過ぎていますが、株主優待券目当てでやっているのでそういうのが目的でも全然OKだと思います。

 

おかげで、僕たちもご飯に連れて行ってもらえていますし、余計な出費も減らせます。

僕は年金と退職金に超不安をかかえているのでイデコをやっています。

ビットコインは単なる「流行ってるからやってみよう」みたいな感じですね。

 

会社の給料だけでは安心して働ける時代は終わろうとしています。

副業や本業以外の収入の柱を持てないのであれば、もっと福利厚生のしっかりした職場に転職するのも手ですね。

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【生活】家・ローン・DIY
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活